ビジネスに生かす禅的な思考を体得する。禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅。


部門長の三大任務は

1. 業績の向上
2. 部下の育成
3. 関連情報の収集

です。
しかしマネージャの方々のほとんどは1に掛かりっきりになり、2と3が疎かになっています。

特に、2.部下の育成は、会社から与えられた重要かつ緊急課題です。
企業の優劣を最も左右する一番の武器である人材の育成は、中長期の経営課題です。
人は即席では育ちません。
だからこそ、未来のために、会社のあるべき姿を創造していく人づくりに時間とリソースを集中することです。

また、上司で一番必要なのは、情熱と覚悟です。
組織の成熟度はそのトップ次第です。
上司の考え方・行動がその組織の優劣を決めます。
部下よりも情熱と覚悟をもって仕事に当たりましょう。

そして、部下が幸せになることと一体になり、一人ずつ、信念を持って「良くなった、良くなった」と念ずることです。
念ずることによって、部下の良いところが見え、管理者として部下を指導できるようになります。

飯塚 保人



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━