To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

2017年July

"Kind heart"


人の心は庭みたいなものです。 知的に耕す場合も、野放しになる場合もあります。 そこに価値ある種を蒔かなければ、いずれ無益な雑草が生えてきます。 私は5時起きを提唱しています。 朝の時間は一日のうちで最も自分の時間を確保できるプライムタイムです。 また、睡眠によって脳の整理が整い、パソコンで言えば、メモリが空の状態にあり、夜の何倍ものスピードで情報処理してくれる状態です。 夜の時間を当てにしていると、ともすると課題を先送りする言い訳にしてしまいます。 そこに急用が割り込んでくると、結局、未消化のタスクを積み残してしまうことになります。 朝のスタートダッシュを大切にし、毎日、横着心を払いのけることです。 自分の心の庭を磨くことで、人格、環境、運命の素晴らしい花が開花します。 全ての人に与えられている時間は、量的には平等、質的には不平等です。 自分の心を上手くコントロールし、限られた24時間を有効に活用しましょう。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Back and forth when shear '-pure" now and here "to devote to


私たちは、つい連続的に思考してしまう。 昨日は終わった、明日はまだ来ない。私たちには、「いま・ここ」しかない。 前後際断とは、前と後ろの際を断ち、瞬間瞬間=「いま・ここ」をしっかり生きるということ。非連続の思考が前後際断である。 目の前に綺麗な花があったら、「あぁ、綺麗だな」と感じればいい。それをいずれ散ってしまうと思ったり、存在にすら気づかないのは、前後際断していない。 「死んだら、どこへ行くの?」という禅問答がある。でも、「いま」は死んでいない。生きているのだから、どこにも行かない。固定概念や一般論にこだわらないことだ。 経営においても「お金がないからできません」という人がいる。実はそういう人は、金があってもできない。「いま」前後際断してやらなければ、いつかやれるということはない。 また、「資金繰りが大変なので、売上を上げるためにはどうしたらいいでしょう?」と言う人がいる。資金繰りは待ってもらう、支払いを中止する、固定費を落とすなど、様々な方法がある。一方で、売上を上げるためには商品の価値を上げる。価値を上げるとは、顧客満足を高めることである。資金繰りは資金繰り、売上は売上。それぞれ別のファクターである。 経営は利潤の追求、価値創造(顧客満足)、顧客創造である。どれも必要だが、前後際断して一つずつやっていく。 過去の失敗にも成功にもとらわれない。昨日は終わった、明日は幻。いま・ここ=Here & Nowに全力投球する。するとパワーが出てくる。 スケジュールに行動計画、思考計画、準備計画を緻密に書く。すると、いま、やるべきことが明確になり、前後際断できる。 『前後ありといえども、前後際断せり』 いまやるしかない。未来はまだ来ない。いまの積み重ねが未来を創る。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"3 factors of production, to delivery, quality and cost-


インターネットの普及により、世界は一気にスピード化時代になりました。 この変化のスピードは、まだ途上にあり、今後もますますこれまでの経済構造から大きな変化が続いていきます。 現在は第4次産業革命と言われていますが、過去3度の産業革命でも時代は大きく変化し、その度に社会の仕組み・働き方に人々は順応してきました。 変化への対応は生物の進化から始まり、人類の進化の過程で、当たり前のことと捉えることです。 生産の三要素『納期・品質・コスト』は、イコール需要の三要素でもあります。 その中でも納期=スピードこそ現在の最大の差別化になります。 納期を中心に、納期”で”品質を創る、納期”で”コストを創ることを追求していきましょう。 スピードの差はやる気の差です。 常に勝ち続けるために、原理原則に則った様々な新しい取り組みに自ら挑戦することです。 変化する事が当たり前と捉え、能動的に未来を創っていきましょう。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all