ビジネスに生かす禅的な思考を体得する。禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅。

『明るい姿を描く』

現在病気で悩んでいる人は、現在の病なんか飛び越して、晴れやかで明るく本当に病気が治った姿を自分の心に描くことです。

人間には現在に満足しないという性質が心の中にあります。

淋しいときに「淋しい」と言ったら、よけいに淋しくなります。

思うようにいかないとき、まずその解決手段を考えるのでなく、失望、落胆している気持ちを変えることです。


経営コンサルタント 飯塚保人