To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

2017November this year

"Learning from the top"


幹部は、あらゆる機会をとらえてトップに張り付いて学ぶことです。 会議の席でも必ず発言し、トップの反応を知ることです。 また、こまめに報告し、指示を仰ぐなど、自分から近づいていかなければトップの「思い」は察知できません。 トップに張り付くことです。 少しでも会社を大きくし、仕事をよくしていくためには、これは欠かせないことです。 本気で会社をもり立てていく気があれば、積極的にトップに近づいて行動することです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Normal weight"


ある役員会ではるかに標準体重をオーバーしている人に注意したら、肉体のことは言われたくたくないとの発言があった。 会社の役員リーダーたるもの、自分の健康管理ができなければいけません。 意思力で体重を落とすのは難しい。 イメージ力を使うのです。 1.体重○○Kgにするぞ。 2.○○Kgになった。 3.スマートな自分をイメージする。 命令暗示法・断定暗示法・連想暗示法を使うのです。 簡単に標準体重になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

'Business sense'


トップは多くの場合、幹部の経営感覚に対して不満を持っています。 トップから見れば、幹部社員に対しても、「どうしてこんなことに早く気づかないのか」「なぜ早くやらないのか」「なぜ若手を育てられないのか」など、いくつもの不満を持っています。 なぜ不満があるかといえば、トップと幹部の間に感覚のズレがあるからです。 その不満に鈍感では、幹部としての資質はありません。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Health care"


自己変革の第一歩は、健康管理から始まります。 健康の三要素は、1.食事 2.運動 3.ストレスマネージメントです。 1.食事ですが、人間は食べ物のお化けと言われます。 酒を飲めば酔い、悪いものを食べれば食あたりします。 菜食を中心に少量採ることです。 身土不二といいます。 身近で採れる季節の物がエネルギーがあっていいです。 また、良く噛むこと、一口30回、50回噛むと標準体重が維持されて更に健康になります。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Stress management"


「笑う門には福来る」と言います。 日常的によく笑っていると、病気に対する免疫力、抵抗力が高まります。 笑いが脳を刺激し、免疫力を高める脳内物質が分泌されるからです。 感謝するとストレスがたまりません。 毎日、寝る前に10人の人を心に浮かべ、○○さん感謝しますと心の中で唱えることです。 人間は一人で生きているのではありません。 良く考えると感謝することが沢山あります。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

'Report, check and recheck'


仕事で最も大切なのは、報告・確認・再確認です。 上司はいつもあなたの報告を待っています。 上司から報告や相談を催促されているようでは、きちんとした仕事ができていません。 一作業一報告です。 報告には事前報告・中間報告・終了報告があります。 報告すると信用され、確認すると信頼されます。 再確認すると更に仕事の精度が上がります。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Temperature"


幹部の価値とは、トップが経営において実現したいことをよく理解・納得して、先手を打って期待に応えられることです。 会社の方向性について、常にトップと同じ方向を見ていなければいけません。 トップと幹部の根本的な差は「情報量」と「思い」の差です。 この温度差が「スピード」の差になって現れます。 マーケットの変化は、会社の変化を待ってはくれないのです。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『限界』


多くの人は自分に限界を作ってしまっています。 やる前からダメだと諦めるのが、一番つまらないことです。 人間は限界を作った方が楽なのです。 それでは新しい世界は拓かれません。 考え方を変えると、人間ほど可能性のあるものはありません。 「出来る、出来る、出来る、と思えば何でも出来る」 自分の素晴らしい能力と無限の可能性に挑戦しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『意識のズレ』


ある営業社員が契約ができなかった理由に、予算がない・デザインが良くない・性能が悪い、等、お客様・会社の事情のせいにしている。 しかしよく調べてみると本当の理由は、営業社員の態度が悪い、時間に遅れた、連絡が来ない、見積り提出が遅い、等があげられました。 モノを売る側と買う側にはこうした意識のズレがあります。 売れない原因を自己責任にすると問題は解決されます。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『生産管理』


監督者の仕事はムダを徹底的に排除することです。 量の確保・品質保証・標準化・異常発見等を管理することです。 ライン停止や不良品発生はわりと判りやすいが、コストアップの異常はわかりくいので注意する必要があります。 問題を顕在化し「何故5回」で問題の真因を見定め、作業改善、設備改善に結びつけることです。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all
12