To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

2018年January

『働きと動き』


私たちの仕事は動きから働きにしなければいけません。 動きとは単に作業であり、働きとはお金に結びつく仕事です。 人偏がつくのが働きで、すべての人が「考えながら作業する人」であることです。 動きから働きに変えることで仕事の効率を最大限に上げ、自分達の価値を高めることになります。 全員が働きになる企業文化を創ることです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『らしさ』


今の時代は差別化が大切です。 それには“らしさ”ということをもっと出していくことです。 周囲との違いを出し、「○○といえば、◇◇社」といわれるような、らしさが必要です。 らしさとはターゲット顧客を愛し続けることから生まれます。 また、らしさの追求は優位特性につながります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『習慣』


習慣は第二の天性です。 健康な人は健康になる習慣を、人生で成功する人は成功する習慣を身に付けているのです。 私たちの過去の習慣が今を決め、今の毎日の習慣が私達の10年先を決めるのです。 自分の行動、習慣を明確にし、変えるべき点は変えましょう。 小さな変化でも少しずつ変えることで、やがて習慣になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『提案営業』


提案営業・コンサルティング営業・問題解決型営業が大切だと言われている。 しかし本当に提案営業をしているだろうか。 提案営業をしていると言いながら多くの営業マンがやっていることは、自社の商品・サービスを「これはいかがですか。御社にピッタリです」とお勧めしているにすぎません。 提案営業とは相手の問題を解決することが始まりです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Obsession"


マーケットとは、既成価値観からの脱却です。 要はこだわりを抜くことです。 こだわりを抜くことによって観えてくるものは実に多くあります。 我々コンサルタントは業界常識をいかに壊すかが仕事です。 ビジネスのあらゆる場面において、「こだわり」があります。 お客様はこだわっていません。 視点、観点、測点の位置を自在に変え、そこに立脚したものの見方ができるようにしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Charm"


人間の魅力とは何だろう。 学歴とか学力ではありません。 未来の「あるべき姿」に対し、自己の持つ知力と体力を結合し、エネルギーに転化できることです。 自分の志に向かう一途な魂の燃焼こそ魅力の根幹です。 さあ皆さん、それぞれの「人生の目的・ユメ・あるべき姿」に邁進しましょう。 そしてそれぞれの魅力を発揮しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Strong to stronger'


自分に足りないものを考えたり、売れない商品のことを考えたりするより、自分の優位特性、売れている商品を更に強くすることを実践した方が効果的です。 世の中は、強いもの、優位特性のあるものにお金を払うのです。 決して弱いものにはお金を払いません。 自分の強みを更に強くして、一流、超一流にしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all