To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

2018February this year

'Thinking time'


人間には バイオリズムがあります。 人それぞれに 身体リズムがあるから 一概には言えませんが、 通常朝起きてから 1~2時間後が集中力が 高まる時間帯です。 この時間帯に思考すると 問題解決も早く進みます。 一日の中にも 「思考する時間」 「準備する時間」 「行動する時間」 があります。 思考も 一回に長時間 考えるのではなく、 今日20分、明日15分と こま切れに思考すると、 潜在意識でつながり 思考促進になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Development"


人を育てる 育成とは耐えることです。 部下育成には 近道はありません。 やり始めてすぐに成果が 出るものではありません。 言い換えると、 ここを乗り越えられるか どうかが、 育成の成否の 分かれ目になります。 つまり、 最初の段階で いかに管理職が 辛抱できるかに かかっているのです。 また、 指導者の器以上には 部下は育ちません。     経営コンサルタント 飯塚保人    Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Thank you"


朝起きて まず第一にやることは 感謝することです。 何に感謝をするか、 例えば 「仕事があること」 「健康であること」 「家族がいること」等に 感謝しましょう。 次に考えることは 今日誰に喜んでもらうか、 お役に立つかです。 こんな起き方はいけません。 「もう朝か」 「今日は仕事が嫌だな」と 考えてはいけません。 また、自分の都合ばかり 考えるのもいけません。 朝のスタートを 感謝から始めましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Be prepared"


やると 覚悟を決めて挑戦すれば 結果は必ずついてきます。 常に 「できる、できない」と 迷う人は 結果を出すことができません。 我々は気をつけて 感情コントロールをしないと マイナスのエネルギーに 負けてしまうからです。 物事を覚悟して 絶対積極で進めていけば 必ず達成できます。 阻害要因と促進要因が ありますが、 一つずつ進めていくことです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Problem-solving"


問題解決の 第一歩は問題発見です。 その問題の 表面的、現象面だけを とらえるだけでなく、 原因・真因を つかむことです。 対策はその反対を すれば良いのです。 また、 常に「あるべき姿」を 思考していると 問題発見も容易になります。 「あるべき姿」と 現状との差が問題です。 経営とは問題の坩堝です。 勇気を持って一つ一つの 問題を解決しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Change chair'


椅子を変えることです。 セールスであれば お客様の立場、 社長であれば 部下の立場で 考えることです。 立場を変えることで より一層相手が理解されます。 戦略構築の第一歩は、 相手を知ることです。 人間だれしも自分が 一番かわいいいのです。 自分のことを 知ってもらいたいのです。 相手を知ることが 総ての始まりです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Decision"


判断の最終段階を 決断と言います。 我々の今の姿は 過去の決断の結果です。 また、多くの人は 決断を先延ばしにし、 曖昧な人生を送っています。 ではどうすれば 決断できるかです。 まず自分の夢・目的を ハッキリすることです。 その夢の実現には、 いま自分の行動の 何を変えれば より効果的かを決め、 決断することです。 決断とは自分の夢に 一歩近づくことです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

'Customer satisfaction'


顧客満足とは、 社員総てがこれをやることで お客様が喜ぶだろうか、 幸せになるだろうか、 と考えて行動することです。 それには 一人ひとりのお客様に 限りない関心をもち、 パーソナルなサービスを するという精神が必要です。 顧客から個客の 時代になりました。 それぞれの 顧客に合った パーソナルサービスを しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Repeat customer"


販売には 新規客と紹介客とリピート客が あります。 リピート客を増やすことが 商売のポイントです。 ではどうしたら リピート客になるのかです。 それには顧客に感動を あたえることです。 感動には 二種類あるといわれます。 モノ・商品による感動と、 人的な感動です。 どこで、何で、 リピート客になってもらう 感動を供給するかです。 要は「また来てね」の インサイド・セールスを どこでするかです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

Speaking from the perspective of the person


話す相手の目線やレベルで コミュニケーション することが大切です。 難しい経済用語で 話しても伝わらなければ 意味がありません。 伝わったつもりで部下を 指導しているケースが多く 見られます。 マ-ケット活動においても、 顧客→現場→責任者→経営者と 精確なコミュニケーションが できるようにすることです。 このようなきめの細かさは サービスの質を上げます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all
12