To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

2018June this year

『忙しくしよう』


もう少し時間があれば 仕事がうまいくのに、 と考える人がいます。 実際はそうではありません。 忙しいからこそ、 その忙しさから 抜け出そうとして、 苦し紛れの知恵や 創意工夫ができるのです。 だからこそ 常に進歩するのです。 暇な人間はあまりものを 考えていません。 忙しい人が いい発明・発見を しているのです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『朝が勝負』


私は5時起きを 勧めています。 成功している人の 共通項は早起きです。 朝の生活習慣を改めれば、 仕事の成果が 何倍にも高まります。 朝の一番忙しい時間を コントロールすることが、 最も大切なことです。 時間とは、 量的に平等だが、 質的には不平等です。 朝の生活習慣を 改善することが、 心身の健康の バロメーターになります。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"To learn"


人間の成長は自己啓発に よって成され、無限です。 他人から教えられること、 刺激を受けることは もちろん大事です。 しかし一番の力は 「自ら積極的に素直に学ぶ」 ことです。 だが、 自ら限界を決めてしまって 学ぼうとしない人が 意外に多いです。 成長の三要素である、 明るさ、素直さ、行動力を 実践するようにしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Nature's law"


人や企業は、 自然の法則に 調和して行動したとき、 長期的に見て必ず 繁栄していきます。 松下幸之助の 繁栄の心得十か条の一番に 「雨が降れば傘をさす」 とあります。 まさに自然の法則です。 儲かる企業は 自然の法則に調和して 行動する習慣が 身に付いている企業です。 赤字の企業は これに反する 行動をしています。 まず自分たちの企業の 持っている パラダイムを理解し、 儲かる習慣に 変えていくことが大切です。 それは、 小さな変化から 始めることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Smokes"


今できることを 先送りしていませんか。 先送りする人は、 結局それが許される 環境にいるからです。 「あとでも大丈夫」 「いまやらなくても何とかなる」 という習慣が 身に付いているからです。 ポイントは即行です。 テキパキ仕事をすることです。 仕事は忙しい人に 頼めといいますが、 忙しい人はすべてに テキパキしています。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Emotions"


嬉しいときに喜ぶ。 悲しいときに涙する。 こんな単純なことが できなくなっています。 喜怒哀楽のできる人は、 物事と一体になれる人です。 傍観者的に 常に相対で考えていると、 しらけて喜怒哀楽の 表現ができません。 自分を忘れ本気になると、 素晴らしい世界が見えます。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"As long as the physical stock '


自分とは何だろう。 自分の代わりもいない、 在庫があって 取り替えるわけにいかない。 自分は自分で 現物限り在庫なしです。 生まれてくる時期も 自分では決められません。 また死ぬ時も 自分では決められません。 自分で決められるのは 今の自分です。 二度とない人生を、 自由・自在に生きましょう。 悩んだり、 くよくよしても もったいないです。 現物限り在庫なしの自分を 明るく、楽しく、元気よく、 生かすことです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Progressive step"


トヨタは日々改善を 経営の課題にしています。 個人でも同様で、 昨日の自分と比較して、 日々改善がなされて いなければいけません。 ややもすると 毎日の仕事に流され、 トレンドになってしまいます。 朝目が覚めたら 1. 感謝することです。 今日は何に感謝するか 自分に質問をすることです。 2. 今日も素晴らしい仕事をし、 誰に感動を与えるか 考えることです。 毎朝のこんなことが マンネリ化を防ぎ、 毎日進一歩が実践できます。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Modeling"


経営ではカンニングOKです。 他社の成功事例があれば、 躊躇しないで自社の経営に 導入すればいいのです。 うまくいっているところと、 自社との差は 何かを明確にすることです。 完全に導入できれば、 それを壊して、 更に改善をし 自社のものにすることです。 昔から学ぶ姿勢に 守・破・離があります。 守・破・離の連続で 強い企業体質を創りましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Habit"


成功している人は 良い習慣を身に付けています。 習慣は第二の天性です。 例えば歯を磨くことは、 何も考えずに実践しています。 これは子供の頃から 習慣になっているからです。 習慣化のポイントは、 1.見える化です。 習慣にしたいことを 常に見えるようにすることです。 早起きでも、 体重を減らすでも、 見えるようにすることです。 2.即行動すること、 見える化で やるべきことが明確になれば、 すぐ行動をすることです。 3.愚直に継続すること、 三日坊主でも 100回続ければよいのです。 人生に勝つ習慣、 幸せになる習慣を 身に付けましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all
12