ビジネスに生かす禅的な思考を体得する。禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅。

最新のお知らせ


2018年6月19日 : 『朝が勝負』
私は5時起きを
勧めています。

成功している人の
共通項は早起きです。

朝の生活習慣を改めれば、
仕事の成果が
何倍にも高まります。

朝の一番忙しい時間を
コントロールすることが、
最も大切なことです。

時間とは、
量的に平等だが、
質的には不平等です。

朝の生活習慣を
改善することが、
心身の健康の
バロメーターになります。


経営コンサルタント
飯塚保人

朝
2018年6月18日 : 『素直に学ぶ』
人間の成長は自己啓発に
よって成され、無限です。

他人から教えられること、
刺激を受けることは
もちろん大事です。

しかし一番の力は
「自ら積極的に素直に学ぶ」
ことです。

だが、
自ら限界を決めてしまって
学ぼうとしない人が
意外に多いです。

成長の三要素である、
明るさ、素直さ、行動力を
実践するようにしましょう。


経営コンサルタント
飯塚保人
 
素直
2018年6月16日 : 『自然の法則』
人や企業は、
自然の法則に
調和して行動したとき、
長期的に見て必ず
繁栄していきます。

松下幸之助の
繁栄の心得十か条の一番に
「雨が降れば傘をさす」
とあります。

まさに自然の法則です。

儲かる企業は
自然の法則に調和して
行動する習慣が
身に付いている企業です。

赤字の企業は
これに反する
行動をしています。

まず自分たちの企業の
持っている
パラダイムを理解し、
儲かる習慣に
変えていくことが大切です。

それは、
小さな変化から
始めることです。


経営コンサルタント
飯塚保人


2018年6月14日 : 『テキパキ』
今できることを
先送りしていませんか。

先送りする人は、
結局それが許される
環境にいるからです。

「あとでも大丈夫」
「いまやらなくても何とかなる」
という習慣が
身に付いているからです。

ポイントは即行です。

テキパキ仕事をすることです。

仕事は忙しい人に
頼めといいますが、
忙しい人はすべてに
テキパキしています。


経営コンサルタント
飯塚保人

多能工
2018年6月13日 : 『喜怒哀楽』
嬉しいときに喜ぶ。

悲しいときに涙する。

こんな単純なことが
できなくなっています。

喜怒哀楽のできる人は、
物事と一体になれる人です。

傍観者的に
常に相対で考えていると、
しらけて喜怒哀楽の
表現ができません。

自分を忘れ本気になると、
素晴らしい世界が見えます。


経営コンサルタント
飯塚保人

喜怒哀楽