ビジネスに生かす禅的な思考を体得する。禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅。

最新のお知らせ


2018年1月4日 : 『魅力』
人間の魅力とは何だろう。

学歴とか学力ではありません。

未来の「あるべき姿」に対し、自己の持つ知力と体力を結合し、エネルギーに転化できることです。

自分の志に向かう一途な魂の燃焼こそ魅力の根幹です。

さあ皆さん、それぞれの「人生の目的・ユメ・あるべき姿」に邁進しましょう。

そしてそれぞれの魅力を発揮しましょう。
 
 
経営コンサルタント 飯塚保人
 

2018年1月3日 : 『強いものを強くする』
自分に足りないものを考えたり、売れない商品のことを考えたりするより、自分の優位特性、売れている商品を更に強くすることを実践した方が効果的です。

世の中は、強いもの、優位特性のあるものにお金を払うのです。

決して弱いものにはお金を払いません。

自分の強みを更に強くして、一流、超一流にしましょう。
 
 
経営コンサルタント 飯塚保人
 

2017年12月26日 : 『創業の思い』
本日開店という気持ちで仕事をしましょう。

会社経営とは、「創業の思い」を形にすることです。

創業の思い・目的を常に明確にすることです。

「何のために会社を創ったのか」この「何のため」という創業の思いが最も重要なことです。

そんな思いのなかから、自社の優位特性・第二商品を創り込んでいくものです。

365日本日開店の気持ちで行きましょう。
 
 
経営コンサルタント 飯塚保人
 

2017年12月19日 : 『伸びる人』
私は毎日、多くの人に会っています。

その中でも伸びる人の共通項があります。

それは素直な人です。

人の話を真剣に聞き、素直に自分の人生なり仕事に生かそうとする人です。

伸びない人は、すぐ知っています、やっていますと言います。

自分はやっている、知っているつもりでも、他人から見たら全然できていないのです。

今日も明るく、素直な気持ちで一日を生きましょう。
 
 
経営コンサルタント 飯塚保人
 

2017年12月18日 : 『問題を努力して探し出す』
問題解決型企業から問題形成型企業になりましょう。

会社を強くしていく幹部には、仕事の仕方に共通した特長があります。

それは、トップから言われた問題や発生した問題を解決するだけでなく、「自ら問題を見つけ出す」こと、つまり問題を発見しようと努力していることです。

問題は、探せば必ず存在しています。

「わが社には、わが部門には、問題はない」という意識こそ問題なのです。

経営とは問題の坩堝です。

問題を努力して探し出しましょう。

問題解決の第一歩は問題発見です。
 
 
経営コンサルタント 飯塚保人