To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

"As long as the physical stock '


自分とは何だろう。 自分の代わりもいない、 在庫があって 取り替えるわけにいかない。 自分は自分で 現物限り在庫なしです。 生まれてくる時期も 自分では決められません。 また死ぬ時も 自分では決められません。 自分で決められるのは 今の自分です。 二度とない人生を、 自由・自在に生きましょう。 悩んだり、 くよくよしても もったいないです。 現物限り在庫なしの自分を 明るく、楽しく、元気よく、 生かすことです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Simplification"


仕事とは、 「複雑なことを単純に」 「単純なことを深く」 「深いことを楽しく」 するものです。 リーダーの仕事は 目標を明確にして 単純化することです。 自然の法則、 真理とは実に単純、 明快です。 単一目標を、 愚直に徹底的に 粘り強く実践することです。 やがて企業文化になります。 常に勝ち続ける 企業文化を創りましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Product features"


企業の持っている 経営資源(人・物・ 金・時間・情報・夢)は 有限です。 それに引き換え お客様の要求は無限です。 お客様の 総ての要求を満たすことは 始めから無理です。 それでは どうするかというと、 日頃から自社のドメイン (事業範囲)と、 ミッション(使命)、 ターゲットを明確に することです。 自社の優位特性、 企業の事業範囲を明確にして、 その中で顧客の 要求を満たすことです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Organize"


整理とは 「いる物」と「いらない物」に分け、 「いらない物」を捨てることです。 総てのモノとコトに整理が必要です。 書類、机の引き出しの中、書籍、 名簿、パソコンのデータ、 顧客の整理、衣類、下駄箱の中、 食器、まだまだ色々あります。 整理していくと 身の周りが清められ、 頭も良く働き、 だんだん運が良くなります。 さあ今日も、気が付いた所から 整理しましょう。 必ず運が良くなってきます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

? "Things too much time"


? お客様が市場の主導権をにぎっています。 従来のような会社側の視点で考える、お客様満足はもう通用しません。 自社の、商品・サービス、その提供の仕方を、お客様の視点・観点・測点で見直し、お客様が求めるもので、自社ができることで、他社が出来ないことをする事です。 成功のネタは常に現場にあります。 その宝を察知できる感性を研ぎ澄ますことです。 マーケットにどんどん足を運ぶ行動力がポイントです。 今日も世の中の風を感じ、ターゲットの気持ちの流れに寄り添っていきましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"3 factors of production, to delivery, quality and cost-


インターネットの普及により、世界は一気にスピード化時代になりました。 この変化のスピードは、まだ途上にあり、今後もますますこれまでの経済構造から大きな変化が続いていきます。 現在は第4次産業革命と言われていますが、過去3度の産業革命でも時代は大きく変化し、その度に社会の仕組み・働き方に人々は順応してきました。 変化への対応は生物の進化から始まり、人類の進化の過程で、当たり前のことと捉えることです。 生産の三要素『納期・品質・コスト』は、イコール需要の三要素でもあります。 その中でも納期=スピードこそ現在の最大の差別化になります。 納期を中心に、納期”で”品質を創る、納期”で”コストを創ることを追求していきましょう。 スピードの差はやる気の差です。 常に勝ち続けるために、原理原則に則った様々な新しい取り組みに自ら挑戦することです。 変化する事が当たり前と捉え、能動的に未来を創っていきましょう。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all