To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

"Training leaders"


社員教育で実務を教育・訓練する事は当然必要です。 しかし、これだけでは将来を担う人材を指導育成することはできません。 経営とは原理・原則+意識改革+コンセプトの追求です。 特に意識改革は大切です。 人間の能力の差は2~3倍ですが、意識の差は200~300倍です。 指導育成者は、特にこの点を留意し、いかにモチベーションを引き出すかを創意工夫していく必要があります。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Boss mission" to collect information related to performance improvement and staff training and to


部門長の三大任務は 1. 業績の向上 2. 部下の育成 3. 関連情報の収集 です。 しかしマネージャの方々のほとんどは1に掛かりっきりになり、2と3が疎かになっています。 特に、2.部下の育成は、会社から与えられた重要かつ緊急課題です。 企業の優劣を最も左右する一番の武器である人材の育成は、中長期の経営課題です。 人は即席では育ちません。 だからこそ、未来のために、会社のあるべき姿を創造していく人づくりに時間とリソースを集中することです。 また、上司で一番必要なのは、情熱と覚悟です。 組織の成熟度はそのトップ次第です。 上司の考え方・行動がその組織の優劣を決めます。 部下よりも情熱と覚悟をもって仕事に当たりましょう。 そして、部下が幸せになることと一体になり、一人ずつ、信念を持って「良くなった、良くなった」と念ずることです。 念ずることによって、部下の良いところが見え、管理者として部下を指導できるようになります。 飯塚 保人 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Now inconvenient convenience, future"-to make a decision in the medium and long term-


やさしい道と困難な道があるとします。 私たちは、どうしてもやさしい道を選んでしまいがちです。 しかし、その選択は、長い目で見て、自分の人生にとって本当に正しい選択でしょうか。 損の道、得の道も同様です。 いまは損でも、将来得な道を選ぶことです。 損の道は勇気の道です。 人間は楽をすると、もっと楽をしたがり、怠けると、もっと怠けたくなるものです。 いま・ここを真剣に生きなければ、将来不便になります。 目先の利益だけに囚われず、経営資源(人・モノ・カネ・時間・情報)、取引相手、パートナーなど、全てに於いて「いま便利、将来不便」の長期的視点で決断していきましょう。 いまある環境に感謝し、未来に向かって全力投球しましょう。 飯塚 保人 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all