To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

? "Not only the sales..."


?対前年売上高比率のみを気にし、大騒ぎする社長がいる。 確かに売上数字は厳然たる事実を表している重要な指標です。 しかし会社の過去・現在・未来を表す本当の姿は数字だけではありません。 「人が育っているか」 「差別化が出ているか」 「優位特性は発揮できているか」 「経営課題は推進されているか」 「未来への投資をしているか」 目の前の数値だけでなく、これらの数字に表れない部分、中長期的な視点も大切にしましょう。 瞬間的に勝つ経営ではなく、勝ち続ける経営を追求しましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

? "And now living here and working hard '


? 過去は終わった。 過去に自分がしてきたことは変えようがない事実です。 功績も罪過も過去のこと。執着しないで手放す。 未来は幻。 地震が起こるかもしれないと不安に思っていてもしかたがありません。 起こるかもしれませんが、いまはまだ起こっていません。 起こっていない未来を必要以上に不安に思わない。 過去の決断と行動が今の結果となっています。 未来に向かって、いま・ここの決断と行動に集中することです。 いま・ここ、目の前のことを一所懸命にやる。 一瞬一瞬に命を燃やしていく。 二度とない人生だからいま輝いていく。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Now what you should do' ~ arrangement ~


整理すると、必要なものが明確になります。 机の上やカバンの中が乱雑な人は、仕事も雑です。 整理することの第一の目的は、必要なものと不要なものを分けることです。 今は不要でもいずれ必要になるものは、別の場所に保管する。 こうして、机の上・かばんの中には、「今必要なもの」だけが、充実してそろっている状態を作り出すことです。 このように、今の仕事に必要なものだけが目の前に残る結果、「今何をすべきか」が、具体的に資料やものの形で見えるようになります。 整理するということは、仕事を明確化することです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Acknowledge"


「世間並の給料は出しているのに、どうも社員にやる気が見られず、ちょっと叱ればすぐ辞めてしまう」と嘆いておられる社長が多い。 アメとムチだけでは、人は一時的にしか動かない。 人間は「他人から認められたい、自分の可能性を試したい」といった人間の基本的欲求があります。 それを満たすことです。 いかに各人の未来の幸せのために真剣に向き合い、本気で本人の優位特性を見出して、その可能性を引き出していますか? 夢を描ける会社であり続ければ、人はそんな簡単には去ってはいきません。 日頃のコミュニケーションを大切なものと認識し、信頼関係を創り上げていきましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"On change"


経験と勘が頼りの経験至上主義の経営は、自身の頑固なこだわりでしかない。 現在は、変化の状況を正確に捉え、その事実を客観的に見て、それに基づいて積極的に行動変化する時代。 商品別・得意先別・店舗別の売上や利益のリアルタイムな状況を年計グラフやパレート図から把握して、変化に対応し、商品のアップデート&入れ替えをすることから始めていこう。 社長は常に市場動向に注意を払い、変化に対し先手で行動することである。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Luck"


人生で最も大切なことは「運」のいい生き方です。 「運」のいい生き方とは、「運」の悪くなることをしないことです。以下を実践しましょう。 (1)絶対敵をつくらない。 (2)人事を尽くして天命を待つ。 (3)見栄の張りは運逃がす。 (4)見切り千両が運を呼ぶ。 (5)お墓参り。 (6)私は運がいいと思うこと。 (7)過去との絶縁がつきを呼ぶ。 (8)自慢すると運逃げる。 (9)いつもニコニコ。 (10)3S(整理、整頓、清掃)がつきを呼ぶ。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Kind heart"


人の心は庭みたいなものです。 知的に耕す場合も、野放しになる場合もあります。 そこに価値ある種を蒔かなければ、いずれ無益な雑草が生えてきます。 私は5時起きを提唱しています。 朝の時間は一日のうちで最も自分の時間を確保できるプライムタイムです。 また、睡眠によって脳の整理が整い、パソコンで言えば、メモリが空の状態にあり、夜の何倍ものスピードで情報処理してくれる状態です。 夜の時間を当てにしていると、ともすると課題を先送りする言い訳にしてしまいます。 そこに急用が割り込んでくると、結局、未消化のタスクを積み残してしまうことになります。 朝のスタートダッシュを大切にし、毎日、横着心を払いのけることです。 自分の心の庭を磨くことで、人格、環境、運命の素晴らしい花が開花します。 全ての人に与えられている時間は、量的には平等、質的には不平等です。 自分の心を上手くコントロールし、限られた24時間を有効に活用しましょう。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Back and forth when shear '-pure" now and here "to devote to


私たちは、つい連続的に思考してしまう。 昨日は終わった、明日はまだ来ない。私たちには、「いま・ここ」しかない。 前後際断とは、前と後ろの際を断ち、瞬間瞬間=「いま・ここ」をしっかり生きるということ。非連続の思考が前後際断である。 目の前に綺麗な花があったら、「あぁ、綺麗だな」と感じればいい。それをいずれ散ってしまうと思ったり、存在にすら気づかないのは、前後際断していない。 「死んだら、どこへ行くの?」という禅問答がある。でも、「いま」は死んでいない。生きているのだから、どこにも行かない。固定概念や一般論にこだわらないことだ。 経営においても「お金がないからできません」という人がいる。実はそういう人は、金があってもできない。「いま」前後際断してやらなければ、いつかやれるということはない。 また、「資金繰りが大変なので、売上を上げるためにはどうしたらいいでしょう?」と言う人がいる。資金繰りは待ってもらう、支払いを中止する、固定費を落とすなど、様々な方法がある。一方で、売上を上げるためには商品の価値を上げる。価値を上げるとは、顧客満足を高めることである。資金繰りは資金繰り、売上は売上。それぞれ別のファクターである。 経営は利潤の追求、価値創造(顧客満足)、顧客創造である。どれも必要だが、前後際断して一つずつやっていく。 過去の失敗にも成功にもとらわれない。昨日は終わった、明日は幻。いま・ここ=Here & Nowに全力投球する。するとパワーが出てくる。 スケジュールに行動計画、思考計画、準備計画を緻密に書く。すると、いま、やるべきことが明確になり、前後際断できる。 『前後ありといえども、前後際断せり』 いまやるしかない。未来はまだ来ない。いまの積み重ねが未来を創る。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Light con lower"-chances are your feet ~


照顧脚下を単純に表現すると、足元の靴を揃えるという意味である。 靴を揃えるというのは、始末するということ。 禅はすべてが始末である。 「いま・ここ」をおろそかにしない。いまできることにベストを尽くす。 そういう感覚が身に付くと、非常に楽である。 できないことをやれと言うのではなく、いますぐ靴をそろえなさいということだ。 自分の足元、自分の心の雑草を取る。そうすることで足元にある宝物をに気づく。 「仏教の真髄は何か?」「経営の真髄は何か?」「何のためにいきているのか?」 答えはすべて自分の足元にある。 自分を生かしきるのが照顧脚下である。自分の体はまさに足元である。健康な肉体に健全な精神が宿る。 身心一如。身と心は一つである。 今日一日悩んでいたら、もったいない。 パワーがなければ断食する。疲れたら寝る。 毎日真剣に生きていると、そういうことが身につく。 すべてのこと、すべての事実は足元にある。みんな遠くに求めて苦しい生き方をしている。 問題から逃げない、足元から逃げない、今日から逃げない、現実から逃げない。 逃げずに飛び込めば、そこに宝がある。 命があること、家族がいること、仲間がいること、仕事があること、自分を命がけで信じて支えてくれる人がいることに感謝しよう。 足元をもっともっと感じれば、もうどうしようもないくらいに幸せなんだということを実感できるものだ。 道元もみんなを幸せにしたいと考えた。お釈迦さまが言う「苦のない世界とは何か?」強烈な目的意識を持って、修行の世界に入った。 強烈な目的意識がないと足元は見えてこない。そのために坐禅をして、自己を忘れる。そうすると万法(自分以外のあらゆるもの・こと)が見えてくる。万法の中に足元が全部ある。 自分の登る山を目指して、自分の使命をまっとうするために毎日毎日修行する。毎日毎日足元を見る。 自分の目標は必ず実現する。そう言い続ければ、実現するための答えは必ず足元にある。 机の上を片付ける。報告・確認・再確認を実践する。感じて即、動く。いま・ここの仕事をきちんとする。これが照顧脚下の仕事である。 経営とは顧客創造と価値創造。営業は新規・リピート・紹介しかない。 お客様と一体になって、もっともっとお客様に感動を与える。変わったことをする必要はない。当たり前のことを当たり前にするのがビジネスの基本である。シンプルに考え・行動する。 複雑なことをシンプルに、深く、楽しくする。今日の仕事は今日中に済ます。 To Do Listをなるべく細かく書く。そして予定を決めたら、その時間はそのことに徹する。 そういうことが当たり前になっていくと仕事が楽しくなる。毎日がワクワクドキドキできるようになる。 難しいことをやる必要はない。今日の足元の仕事の中に、全てが含まれている。 思考計画・準備計画・行動計画を一つずつ積み重ねることで、気づきが生まれ、成長していく。 企業が成長し続けるために、一番良い投資は人材育成である。 自分も人材。 成長は今日の一日、今日の仕事、今日の出会いの中にある。そう思えると一瞬一瞬に真剣になる。 いま・ここに永遠の過去と永遠の未来が内包されている。 いましかない。他人ではない。いま自分が決断する。脚下にすべてがある。 瞬間瞬間を顧みる事が、いまの自分、いまの企業を創る。 私たちは日々、忙しさや外の世界に振り回されている。 忙しいという字は心を亡くすと書くように、心ここにあらずの時間に占領されているのではないか? 矢印を自分に向けることだ。自分を飾らず、自分をごまかさず、正直に生きることである。 チャンスは足元にあります。 ごく平凡なことに中にあるのです。 強烈な目的意識を持つと、それが見えてきます。 できないことを嘆くより、足元の「いま・ここ」でできることを実践しましょう。 足元の小さな仕事・足元のご縁を生かすことで、やがて大きな仕事につながります。 私たちが生きているのは、足元の「いま・ここ」しかありません。 飯塚 保人 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all