To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

『温度差』


幹部の価値とは、トップが経営において実現したいことをよく理解・納得して、先手を打って期待に応えられることです。 会社の方向性について、常にトップと同じ方向を見ていなければいけません。 トップと幹部の根本的な差は「情報量」と「思い」の差です。 この温度差が「スピード」の差になって現れます。 マーケットの変化は、会社の変化を待ってはくれないのです。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『限界』


多くの人は自分に限界を作ってしまっています。 やる前からダメだと諦めるのが、一番つまらないことです。 人間は限界を作った方が楽なのです。 それでは新しい世界は拓かれません。 考え方を変えると、人間ほど可能性のあるものはありません。 「出来る、出来る、出来る、と思えば何でも出来る」 自分の素晴らしい能力と無限の可能性に挑戦しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『意識のズレ』


ある営業社員が契約ができなかった理由に、予算がない・デザインが良くない・性能が悪い、等、お客様・会社の事情のせいにしている。 しかしよく調べてみると本当の理由は、営業社員の態度が悪い、時間に遅れた、連絡が来ない、見積り提出が遅い、等があげられました。 モノを売る側と買う側にはこうした意識のズレがあります。 売れない原因を自己責任にすると問題は解決されます。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『何事にも目的を持とう』


目的、目標を持つことは人生において最も大切なことです。 目的を持たない人生は、大空に弓を射るようなものです。 ターゲットが明確でなければ、毎日の仕事なり生活が充実しません。 例えば白い紙を太陽にさらしても燃えませんが、そこにレンズを使うと瞬く間に紙は燃えます。 レンズの役割をするのが人間の思いです。 未来のあるべき姿(目的・目標)を明確にし、そこに思いを入れることで実現します。     経営コンサルタント 飯塚保人         Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『明るい姿を描く』


現在病気で悩んでいる人は、現在の病なんか飛び越して、晴れやかで明るく本当に病気が治った姿を自分の心に描くことです。 人間には現在に満足しないという性質が心の中にあります。 淋しいときに「淋しい」と言ったら、よけいに淋しくなります。 思うようにいかないとき、まずその解決手段を考えるのでなく、失望、落胆している気持ちを変えることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

? "Not only the sales..."


?対前年売上高比率のみを気にし、大騒ぎする社長がいる。 確かに売上数字は厳然たる事実を表している重要な指標です。 しかし会社の過去・現在・未来を表す本当の姿は数字だけではありません。 「人が育っているか」 「差別化が出ているか」 「優位特性は発揮できているか」 「経営課題は推進されているか」 「未来への投資をしているか」 目の前の数値だけでなく、これらの数字に表れない部分、中長期的な視点も大切にしましょう。 瞬間的に勝つ経営ではなく、勝ち続ける経営を追求しましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

? "And now living here and working hard '


? 過去は終わった。 過去に自分がしてきたことは変えようがない事実です。 功績も罪過も過去のこと。執着しないで手放す。 未来は幻。 地震が起こるかもしれないと不安に思っていてもしかたがありません。 起こるかもしれませんが、いまはまだ起こっていません。 起こっていない未来を必要以上に不安に思わない。 過去の決断と行動が今の結果となっています。 未来に向かって、いま・ここの決断と行動に集中することです。 いま・ここ、目の前のことを一所懸命にやる。 一瞬一瞬に命を燃やしていく。 二度とない人生だからいま輝いていく。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Now what you should do' ~ arrangement ~


整理すると、必要なものが明確になります。 机の上やカバンの中が乱雑な人は、仕事も雑です。 整理することの第一の目的は、必要なものと不要なものを分けることです。 今は不要でもいずれ必要になるものは、別の場所に保管する。 こうして、机の上・かばんの中には、「今必要なもの」だけが、充実してそろっている状態を作り出すことです。 このように、今の仕事に必要なものだけが目の前に残る結果、「今何をすべきか」が、具体的に資料やものの形で見えるようになります。 整理するということは、仕事を明確化することです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Acknowledge"


「世間並の給料は出しているのに、どうも社員にやる気が見られず、ちょっと叱ればすぐ辞めてしまう」と嘆いておられる社長が多い。 アメとムチだけでは、人は一時的にしか動かない。 人間は「他人から認められたい、自分の可能性を試したい」といった人間の基本的欲求があります。 それを満たすことです。 いかに各人の未来の幸せのために真剣に向き合い、本気で本人の優位特性を見出して、その可能性を引き出していますか? 夢を描ける会社であり続ければ、人はそんな簡単には去ってはいきません。 日頃のコミュニケーションを大切なものと認識し、信頼関係を創り上げていきましょう。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"On change"


経験と勘が頼りの経験至上主義の経営は、自身の頑固なこだわりでしかない。 現在は、変化の状況を正確に捉え、その事実を客観的に見て、それに基づいて積極的に行動変化する時代。 商品別・得意先別・店舗別の売上や利益のリアルタイムな状況を年計グラフやパレート図から把握して、変化に対応し、商品のアップデート&入れ替えをすることから始めていこう。 社長は常に市場動向に注意を払い、変化に対し先手で行動することである。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示
12