To learn the Zen thinking to business. Zen and Zen called the bridge to the 21st century.

"Bankruptcy crisis"


自社だけは大丈夫という 考え方ではいけません。 会社は常に倒産する おそれがあります。 顧客ニーズの変化や ライバル企業の変化など、 外部環境の変化に加え、 自社の設備や 人材構成の変化など、 内部環境も常に変化しています。 そうした内外の 環境変化に対応して、 常に的確な手を 打っていく必要があります。 だから、 業績が好調なときでも 危機意識をもち、 日々改善が大切です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Purpose"


目的があると、 人はそれに到達しようと 努力し行動するものです。 「目的を常に 念じると到達されます」 念じるとは、 「今」に「心」と書きます。 思うことが実現するという 人間の不思議な能力は、 心理学的にも立証されています。 企業とは、 その能力を持つ 多くの人の集合体です。 常に正しい目的を 認識する必要があります。 目的の はっきりしない企業運営は、 必ず失敗します。 企業経営にとって 最も大切なことは、 正しい目的を持ち、 それを共通認識とすることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"The thing invisible"


企業文化は 見えないものです。 目に見えない要因 (インビジブル・ ファクター)は、 社員一人一人の 行動の中にあります。 社員の行動が習慣化し 企業文化になります。 21世紀は本物の経営で なければなりません。 本物の経営とは、 見えないものがきちんと できている経営です。 企業文化は1日ではできません。 いかに見えないものを 大切にするかです。 顧客は、 その会社の 企業姿勢とか文化とか、 見えないものも買う時代に なってきました。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Dominant characteristic"


経営のポイントは 自社の強みを 基盤とすることです。 自社の強み、 優位特性を常に絞り込み、 磨きをかけることです。 優位特性は自分だけでは なかなか気がつかないもので、 他人から、 または市場からの率直な フィードバックが必要です。 弱みを強くして 当たり前になっても、 顧客からは認められません。 強み、得意技、長所、 利点を伸ばすことで、 顧客は他社との違いを 感じ支持してくれるのです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Situation"


ただ経営不振を 嘆くのではなく、 総合的に、立体的に 経営を把握し、 事実の中から真の不振、 原因を追求する必要があります。 原因・真因の反対が対策です。 表面に見えている 手段のみでは解決できません。 経営資源の 人・物・金・時間・情報 のうち、 何が問題なのかを 明確にしましょう。 そして常に社内の 意識改革をしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Thorough"


経営実践のコツは 凡事徹底です。 経営で最も慎まなければ ならないことは、 うまい方法ばかりを 探し求め過ぎることです。 整理・整頓のできていない オフィスでは必ず生産性が悪いし、 工場も、製品を 野積みしているような会社では 品質のよい製品はつくれません。 また、 電話の応対の悪い会社では サービスも当然満足できません。 特に不況下では 起死回生の秘訣を 探したくなるものです。 しかし、 経営というものは、 当たり前のことを当たり前に、 着実に一歩ずつ 前進していくことにより、 徐々に高い次元へと 上昇していくものです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Principle"


人生を成功させる 原理・原則があります。 万有引力が自然界に 存在しているように、 人間の成功にも法則があります。 「物事を前向きに捉える」 「感謝の心を忘れない」 「愚痴を言わない」 「早起きをする」 「人の足を引っぱらない」 「勉強好き」 「社会正義に反しない」 等があります。 これは普遍的なもので、 地球上、時間も場所も越えて 絶対的なものです。 これらを毎日実践出来る 筋肉と習慣を身に付けましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Zen approach"


禅とは、 「示す偏」に「単」と書きます。 これは、 物事を単純に示すことです。 経営においても 物事を単純に明快に 示すことが大切です。 道元禅師の 『現成公案』の中に 「仏道を習うというは、 自己を習うなり」とあります。 仏道を経営道と置き換えると、 「経営道を習うというは、 自己を習うなり」となります。 最終的には、経営リーダーも、 宇宙的スケールの中で 物事を判断して いかなければなりません。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Pinch chance '


ピンチはチャンスと よく言われます。 しかしピンチのときに 変わることができなければ、 ピンチはピンチのままです。 人間は絶体絶命の ピンチになると、 小異を忘れて、 なんとか大同でまとまり、 その危機をしのごうとします。 ポイントは常に小異を忘れ、 あるべき姿を追求することです。 日々改善が必要です。 変化し続ける企業体質を 創りましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

'Feel the power'


私は多くの人から、 経営相談や人生に対する 相談を受けます。 同じように アドバイスするのですが、 受け手によって 二つのタイプに分かれます。 「ハイ」と素直に言う人と、 「だって」とか「でも」と 躊躇する人がいます。 前者は感じる力が強く、 すぐ行動に移します。 後者は頭で考え 行動に移しません。 行動、変化しない人は 同じ場所に留まり 進歩がありません。 随分不便な生き方を している人です。 素直さ、明るさ、行動力は 伸びる三要素です。 感じる力を磨きましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all