To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2017年November

『着眼大局、着手小局』


経営は着眼大局、着手小局で行えばよい。 着眼は目先の10より、10年後の100を目指す。 また、木を見て仕事をするのではなく、森、全体を見て仕事をするのです。 しかし着手は細心の注意を払い、細かいことをきちんとやることです。 「神は細部に宿る」です。 細部をきちんとすることで顧客は離れません。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『市場価値』


21世紀はビジネス・スタイルを変えることです。 厳しい環境に泣き言を言っていても何も解決しません。 市場価値とは、その厳しい中で問題を解決することで得られるものです。 「紙一重の差」が大切です。 顧客の問題を解決し、さらに「紙一重の差」を出すことです。 業績を上げる会社は、仕事に常に「紙一重の差」を追求しています。 大きな差をいきなり狙う必要はありません。 「紙一重の差」がやがて大きな差になるのです。     経営コンサルタント 飯塚保人         Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『何事にも目的を持とう』


目的、目標を持つことは人生において最も大切なことです。 目的を持たない人生は、大空に弓を射るようなものです。 ターゲットが明確でなければ、毎日の仕事なり生活が充実しません。 例えば白い紙を太陽にさらしても燃えませんが、そこにレンズを使うと瞬く間に紙は燃えます。 レンズの役割をするのが人間の思いです。 未来のあるべき姿(目的・目標)を明確にし、そこに思いを入れることで実現します。     経営コンサルタント 飯塚保人         Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『情報』


営業活動のスタートは情報を集めることです。 営業マンは、顧客の情報を集めることが大切です。 頭からITに頼ることなく、こまめに足を運び、顧客に向かって視界を広げて、あらゆる情報を集めてくるのです。 その集めた情報の中から更に一歩進んで、顧客の問題を解決することです。 小さなこともきちんとやることで顧客と心の契約ができます。     経営コンサルタント 飯塚保人       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『明るい姿を描く』


現在病気で悩んでいる人は、現在の病なんか飛び越して、晴れやかで明るく本当に病気が治った姿を自分の心に描くことです。 人間には現在に満足しないという性質が心の中にあります。 淋しいときに「淋しい」と言ったら、よけいに淋しくなります。 思うようにいかないとき、まずその解決手段を考えるのでなく、失望、落胆している気持ちを変えることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示
12