To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2017Years

"Its founding intentions'


本日開店という気持ちで仕事をしましょう。 会社経営とは、「創業の思い」を形にすることです。 創業の思い・目的を常に明確にすることです。 「何のために会社を創ったのか」この「何のため」という創業の思いが最も重要なことです。 そんな思いのなかから、自社の優位特性・第二商品を創り込んでいくものです。 365日本日開店の気持ちで行きましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Some people grow"


私は毎日、多くの人に会っています。 その中でも伸びる人の共通項があります。 それは素直な人です。 人の話を真剣に聞き、素直に自分の人生なり仕事に生かそうとする人です。 伸びない人は、すぐ知っています、やっていますと言います。 自分はやっている、知っているつもりでも、他人から見たら全然できていないのです。 今日も明るく、素直な気持ちで一日を生きましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

'Work out the problem, seek out'


問題解決型企業から問題形成型企業になりましょう。 会社を強くしていく幹部には、仕事の仕方に共通した特長があります。 それは、トップから言われた問題や発生した問題を解決するだけでなく、「自ら問題を見つけ出す」こと、つまり問題を発見しようと努力していることです。 問題は、探せば必ず存在しています。 「わが社には、わが部門には、問題はない」という意識こそ問題なのです。 経営とは問題の坩堝です。 問題を努力して探し出しましょう。 問題解決の第一歩は問題発見です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"No excuse"


権限とは自由度であり、責任とは言い訳を言わないことです。 サービスが悪いことがあると、そのこと自体不愉快であっても、応対が良ければ、間違いは誰にでもあるということになって我慢していただけます。 どんなときでも、言い訳は聞き苦しいものです。 ミスがあったら、まずよくお詫びすることです。 そしてミスをカバーするために、ただちに誠実な行動を起こすことです。 とにかく言い訳はやめましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Change mindset"


社会が変わり、市場が変わり、会社が変わっていきます。 その変化の方向が多様で、しかもスピードが激しいのが現在のビジネス環境です。 経営幹部自身の自己変革が必要です。 変革とは、これまでの経験から得たやり方、生き方を自分で変えることです。 業界の常識、過去の成功体験を勇気をもって変えることです。 お互い未来に対しては経験がありません。 素直な気持ちで変わりましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Service industry"


成熟市場では、一般的な“サービス業”だけではなく、製造業も使う側の都合などを考える必要があります。 ただ造るというのではなく、サービス業の考えが必要になっています。 お客様の生活シーンをイメージし、自社の商品価値を高めることです。 毎日、紙一重の工夫が大切です。 サービス業的に真心をもって誠意を尽くすことが、輝く会社創り商品創りのポイントになります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Work together"


仕事と一体になるには、自分の仕事に惚れることです。 客に惚れる、製品に惚れる・・・自分の携わる全てのものに惚れることです。 一体とは愛です。 仕事を愛して惚れられなければ本当の力が発揮できません。 仕事と一体になれないのは隙間があるからです。 改善、工夫をし、一体になりましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Learning from the top"


幹部は、あらゆる機会をとらえてトップに張り付いて学ぶことです。 会議の席でも必ず発言し、トップの反応を知ることです。 また、こまめに報告し、指示を仰ぐなど、自分から近づいていかなければトップの「思い」は察知できません。 トップに張り付くことです。 少しでも会社を大きくし、仕事をよくしていくためには、これは欠かせないことです。 本気で会社をもり立てていく気があれば、積極的にトップに近づいて行動することです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Normal weight"


ある役員会ではるかに標準体重をオーバーしている人に注意したら、肉体のことは言われたくたくないとの発言があった。 会社の役員リーダーたるもの、自分の健康管理ができなければいけません。 意思力で体重を落とすのは難しい。 イメージ力を使うのです。 1.体重○○Kgにするぞ。 2.○○Kgになった。 3.スマートな自分をイメージする。 命令暗示法・断定暗示法・連想暗示法を使うのです。 簡単に標準体重になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

'Business sense'


トップは多くの場合、幹部の経営感覚に対して不満を持っています。 トップから見れば、幹部社員に対しても、「どうしてこんなことに早く気づかないのか」「なぜ早くやらないのか」「なぜ若手を育てられないのか」など、いくつもの不満を持っています。 なぜ不満があるかといえば、トップと幹部の間に感覚のズレがあるからです。 その不満に鈍感では、幹部としての資質はありません。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All