ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

2018年March

"Dependent"


「景気のせい」 「会社のせい」 「上司のせい」 「商品のせい」 「技術力のせい」… ともすると、 何かの「せい」に してしまう。 現代人が 弱すぎるのは 「何かのせい」にする 依存型の人が 多いからです。 依存型の人間は 自分で自分を 駄目にしている人です。 依存型から自立型の 人間になりましょう。 それには姿勢を正して 積極的な言葉使いを することです。 まず今日一日お互いに 勇気づける言葉、 喜びをわかちあう言葉を 使いましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Waiting for instructions"


仕事で 最も大切なのは 自主性です。 仕事を 創る創造力も 大切です。 他との違いを 出す独自性も 必要です。 自主性・ 創造性・ 独自性のなかで 特に重要なのは 自主性です。 自ら仕事に 向かっていかなければ 何も生まれません。 できない理由を 探すのではなく、 自分でできることから 実践することです。 指示待ち族は やがていらない人に なります。 自主性を持つと 無限の可能性が 生まれます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Decision"


人生は 決断の連続である。 自分の夢に向かって 決断することです。 決断できない 人がいます。 それは失敗を 恐れるからです。 成功するまで 継続すれば 失敗ではなく、 成功のための 学習になります。 我々の今の姿は 過去の決断の 結果です。 自分の夢の 実現に向かって 勇気を持って今、 決断しましょう。 決断すれば、 運が向いてきます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Strength"


ビジネスにおける 自分の強みを 明確にしましょう。 例えば 「必ず報告をする」 「毎日手紙を書く」 「約束は必ず守る」 「準備の為の準備」 がきちんとできる。 こんな些細なことでも 継続して徹することで 強みになります。 また、 自分の専門分野を 毎日1時間 勉強しましょう。 3年間続けると 強みになります。 自分の強みとは 優位特性です。 ビジネスの上で 他者に競り勝つ 競争力になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Abnormal"


3Sの目的は 異常発見です。 異常は 必ずどこかに 問題があることを 示しています。 たとえば、 普段のロス率が 5%であるのに、 ある月だけ10%に なっていた。 あるいは、 売掛金の回収率が 先月より大きく 下がっていた。 こうした視点から 異常を感知し、 どこに問題があるかを 探り出すのです。 異常が起きた場合 すぐ対策を するのではなく、 何故5回で 真因を掴むことです。 原因・真因の 反対が対策です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Down deep"


一つのことを 深く実践することで 多くの結果が 得られます。 例えば3Sの 整理にしても、 多くの企業は 中途半端な段階で 止まっています。 モノの整理 時間の整理 情報の整理 仕事の整理 商品の整理 顧客の整理 金銭の整理 心の整理 と追求すると、 整理することで 立派な経営になります。 深堀、徹底することが 大切なことです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Movement"


体と心は 切り離せない ものです。 身心一如です。 体の動きを 変えることで 性格も変わります。 上を向くと 明るくなり、 大股で歩くと 元気が出ます。 姿勢を正すと パワーが出ます。 体は心を変える キーボードになります。 自分の動きに もう一度注意 しましょう。 いつもパワフルな 動きをしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

'Principles and principles'


経営の3本柱に、 原理原則 意識改革 コンセプト の追求があります。 原理・原則は 普遍性を持ち、 時代・場所を問わず、 戦略が変わっても、 業種が変わっても、 経済事情が変わっても、 原理・原則は 変わりません。 原理・原則は 我々の人格を 向上させ、 心を深く満足 させるものです。 もう一度、 原理・原則に 沿った生き方を しましょう。 周りの状況が 変わろうと、 我々の生活に 安定した方向性を 与えてくれます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『照顧脚下』


覚明が 中国元に渡った時、 ある僧が問いました。 「如何なるか是れ、 祖師西来意」 その時に 覚明が答えた言葉が 「照顧脚下」です。 我々は、 できないことを 求めがちです。 自分にできることは 無限にあります。 新人であれば、 会社に早く来て掃除をする、 大きな声であいさつをする、 一作業一報告をする。 自分ができることに ベストを尽くしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Curious"


伸びる人は 何事にも好奇心を 持つ人です。 旅行・演劇・スポーツ・ 絵画・趣味なども 多く体験することで 人間としての幅ができます。 経験によって 比喩するケースを 多く持つことが できるようになり、 判断力・決断力が 身に付きます。 コンサルタントの仕事も 成功のモデルケースを 多く持つことです。 成功のパターン認識を 基に意思決定できます。 マネージメント力でも 総ての始まりは好奇心です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示