ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

2018年May

『全機現経営』


組織においても、 組織員を増やすのではなく、 現在いる人を もっともっと能力を 発揮させることにより、 素晴らしい成果を出せる ということです。 全機現経営とは、 今いる社員をフルに 活かすということです。 今我々のまわりにある すべての経営資源 (人・物・金・時間・情報)を 全機現させることによって、 今の何倍かの 成果が期待されます。 こだわりを捨てて、 自己を忘れて、 全機現するようにしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『がる』


「いやがる」からいやになる。 「寒がる」から寒くなる。 「暑がる」から暑くなる。 「~がる」からそうなります。 人間は思った方向になります。 今までのマイナスな エネルギーを変えて、 積極的に考える ようにしましょう。 出来る、出来ると 思うと何でも出来ます。 人間には素晴らしい能力と 無限の可能性があります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『重要事項』


もし常日頃から行っていれば、 私達の私生活の質を 著しく向上させる 活動が一つあるとすれば、 それは何だろう。 同じように、 私達の仕事に対する業績、 または結果を 著しく向上させる 活動が一つあるとすれば、 それは何だろう。 我々は毎日仕事を していますが、 このように 「重要事項を優先する」 ことを考えているだろうか。 つい仕事がマンネリになり、 昨日の続きで 仕事をしていないだろうか。 効果的マネージメントの定義は、 「重要事項を優先する」ことです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『人材育成も波動』


人材育成は 百人百通りです。 人間は、 自分が思った波動を 相手に与えます。 あなたが あまりよくない部下だと 思っていると、 その通りの波動を 相手に与えています。 結果、部下は育ちません。 要は、 私たちが思った 通りになります。 毎日自分の部下一人ずつ 信念をもって 「良くなった、良くなった」と 念ずることです。 念ずることによって、 部下の良いところが見え、 管理者として部下を 指導できるようになります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『輝く』


あなたは輝いていますか。 多くの人は自分を 輝かそうと思っていません。 なんとなく生きている人は 輝いてきません。 輝く人は目的に向かって 「挑戦し」「前進し」「夢中に」 なっている人です。 また輝いている人は、 「いま・ここ」を真剣に 生きている人です。 私たちの思考は現実化します。 物事を前向きにとらえ、 輝く人生にしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『ネットワーク』


21世紀は、 ハード+ソフト+サービスの 時代です。 我々は、ややもすると 自分の都合ばかり お客様に押しつける 傾向があります。 よく、人脈が大切だと 言われますが、 人脈とは、例えば網の目、 ちょうどお餅を焼くような 網の目を想像すると 良いと思います。 網は変化しないようですが、 絶えず錆びたり、劣化しています。 人脈も、放っておけば 意思が通じなくなり、 疎遠になっていきます。 また、網の目一つだけを 切り離しても、 ネットワークにはなりません。     経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『提案』


提案とは、 お客様の問題を 解決することです。 そのためには、 まずお客様を知ることが 第一歩です。 お客様の抱えている 問題を知り、 その解決策を提示しなければ 提案にはなりません。 自分の都合で商品の提案を するのではなく、 あくまでも提案営業は、 お客様の問題解決型営業を することです。 自分の都合を 優先するのではなく、 まずお客様の都合を 優先しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『親切にする』


ビジネス活動で 最も大切なことは、 信頼関係を創ることです。 初対面よりも何度も会ったり、 一緒に仕事をすることで 信頼関係が構築されます。 更に実践的には、 相手に何らかの利益を もたらすことです。 相手に与えれば与える程、 自分にメリットが返ってきます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『言葉』


何気なく使っている 言葉を注意しましょう。 消極的な言葉は 使わないことです。 人生、本当に悪いことは 起こらないものです。 前向きに感謝し、 愚痴を言わないことです。 また、こんな言葉を 使うのをやめましょう。 「困った」 「弱った」 「情けない」 「悲しい」 「腹が立つ」 「助けてくれ」・・・ 消極的な言葉は 絶対に口にしない習慣を 身に付けることです。 いつのまにか エネルギーレベルが上がります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『信じる』


私の仕事は ビジネスコンサルタントです。 他の人より説得力が あると思います。 たとえば 「仕事の話」 「坐禅の話」 「早起きの話」なども 良く聞いていただき 実践してもらいます。 なぜ夢中で話すことが できるかというと、 自分が心底から 信じているからです。 信じて 自らが実践していることは ビシビシ相手にも伝わります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示
12