To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2018年July

『明確に』


リーダーは 常に思考している人です。 1. わが社は 今どのような事業を行い、 今後どのような事業を 行おうとしているのか 2. わが社は いかなる企業で、 今後いかなる企業に なろうとしているのか 3.わが社は どのような企業であるべきか、 あらねばならないのか を決めることが リーダーの仕事です。 経営環境は激変しています。 現在の位置と 進むべき方向を 明確にしましょう。 それがリーダーの仕事です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『仕事の順序』


仕事の順序を 決める要素には 「緊急性と重要性」が 二大要素です。 仕事では、 つい目先の緊急課題が 気になるが、 実は重要課題の方が 大切なのです。 やらなければならない 重要課題を放置するので、 総てが緊急課題になるのです。 仕事に 追われないようにするには、 重要課題を優先させる 知恵と勇気です。 これから先の為に いま何をしてはいけないか また 何をしなければいけないか を思考しましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『勝者と敗者の差』


勝者と敗者の差は何でしょうか。勝者は原理・原則に則して仕事をする人です。また、常に目的を考えます。何のためにこの仕事をするのか、目的を明確にします。目的の目的、つまり大目的も考える必要があります。敗者は逆で、常にやり方ばかり考え、手段レベルで仕事をします。原理・原則に則しない無駄な仕事をします。経営コンサルタント飯塚保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『利益拡大』


会社経営の目的は利潤の追求です。会社は利益を確保出来なければ経営を継続する事が出来ません。利益確保の原理・原則は、難しい事ではなく実に簡単な事です。売上を上げ、原価を押さえて粗利率を上げることです。売上げを増やす方法をさらに考えてみると、付加価値をつけて単価を上げるか、量を増やして売上金額を上げるかのどちらかです。原価を押さえる方法は、販売費、一般管理費、金利などを低く押さえることです。特に販売費、一般管理費の半数近くを占めるのは人件費です。いかに一人ひとりの精度を上げるかがポイントになります。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『ドメイン』


企業やその他の組織体は、 環境とのやり取りで 存続し発展している。 組織体がやりとりをする 特定の環境部分のことを ドメインという。 例えば、 ジャイアント・パンダの 生息可能な地域も、 パンダのドメインといえる。 企業におけるドメインは、 製品、サービス、 市場や顧客層や地域に よって決まります。 また、自社の固有の技術の 領域も大切な要因です。 常に自社のドメインを 明確にすることが必要です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『いま・ここ』


我々が生きているのは、 時間と空間の交わった、 「いま・ここ」です。 時間的には「いま」であり、 空間的には「ここ」です。 過去は終わり、 明日はまだ来ていません。 「いま・ここ」に 生きるのが人生です。 いまこの瞬間に感謝し、 生き生きと生きましょう。 過去と他人は変えられません。 変えられるのは、 いまと自分です。 今日も、 明るく、楽しく、元気よく 生きましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『時間の効果的活用法』


ビジネスは 時間との戦いです。 いかに時間を 効果的に使うかが ポイントになります。 よく時間がないと 言う人がいますが、 突き詰めると時間とは命です。 時間がないと言う人は 命がないと言っているのです。 時間とは量的には平等で 質的には不平等です。 以下の3点を大切にしましょう。 1. 常に対処時間は充分あると 認識する事が重要 2. 一度決めたらその通り実行する 3. 優先順位の低いものは 無視する勇気を持つ 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『基本』


成功している人は、 基本に忠実に 仕事をしている人です。 ビジネスは、 相手があって 初めて成立します。 相手に好感を持たれて、 信用されないと始まりません。 一回の面談よりも 複数回の面談の方が、 お互いに相手を知り 人間関係が深まります。 挨拶、服装、態度、 すべて基本が大切です。 ビジネスの契約の前には、 心の契約が大切です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Bankruptcy crisis"


自社だけは大丈夫という 考え方ではいけません。 会社は常に倒産する おそれがあります。 顧客ニーズの変化や ライバル企業の変化など、 外部環境の変化に加え、 自社の設備や 人材構成の変化など、 内部環境も常に変化しています。 そうした内外の 環境変化に対応して、 常に的確な手を 打っていく必要があります。 だから、 業績が好調なときでも 危機意識をもち、 日々改善が大切です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Purpose"


目的があると、 人はそれに到達しようと 努力し行動するものです。 「目的を常に 念じると到達されます」 念じるとは、 「今」に「心」と書きます。 思うことが実現するという 人間の不思議な能力は、 心理学的にも立証されています。 企業とは、 その能力を持つ 多くの人の集合体です。 常に正しい目的を 認識する必要があります。 目的の はっきりしない企業運営は、 必ず失敗します。 企業経営にとって 最も大切なことは、 正しい目的を持ち、 それを共通認識とすることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all