To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2018年September

"The education of the young English'


若い部下に対して 教育・指導をしていく上で もっとも大切なことは最初が肝心ということです。 社会人となり 会社に勤めることは、 これから40年以上にわたる 仕事人生を、 自分で責任を持って 成長しながら生きていく ということです。 社会人とは このことを自覚し、 真剣に働く気構えを持つ人です。 積極的に仕事に取り組み、 仕事の筋肉を鍛えることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Convenient, future inconvenience"


易しい道と 困難な道が あるとする。 どうしても易しい道を 選んでしまうだろう。 しかしその選択は、 自分の人生にとって 本当に正しい選択なのだろうか。 損の道、得の道も同様である。 人間は楽をすると もっと楽をしたがり、 怠けるともっと 怠けたくなるものなのです。 いま、ここを 真剣に生きなければ 将来不便になります。 今の環境で全力投球しましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Organize"


整理とは 準備作業であり、 同時に完了作業です。 仕事は開始する前に 整理・整頓・清掃をして、 終わった時にも 整理・整頓・清掃です。 また、整理とは 異常発見にもなります。 仕事の 「質を表すバロメーター」 にもなります。 今日も意思を入れて 3Sをしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『すぐやる』


上司から指示された仕事に対して 「○○君、あの仕事は どうなっているのか」 なんて催促されるようでは 仕事ができない人です。 特別な期日の指定がなくても、 仕事には納期が存在します。 通常は、 契約の納期と心の納期が あります。 多くの場合の仕事は 「心の納期」 です。 「例の仕事は進んでいるのか」 と聞かれるようでは、 信頼は勝ち取れません。 心の納期、 準備のための準備が大切です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『積極的に生きる』


私が尊敬している 中村天風先生は 人生の出来事に 対応するその精神態度が、 積極か消極か ということで、 その結論の成否が決定すると おっしゃっています。 まさにその通りだと思います。 病気の時でも、 経営が赤字の時でも、 すべて心の置きどころで 決まります。 それには日頃から、 事に当って、 絶対積極を訓練し、 身につけることです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『仕事のレベル』


生産の三要素は、 納期・品質・コストです。 我々一人ひとりの 「仕事の質」が 厳しく問われる時代です。 いい仕事をしているか、 平凡な仕事しかできないか、 それによってはっきりと 差がつきます。 それは会社の中だけの 話ではありません。 お客様からも、 明確な評価が下されます。 いい仕事を している人のところに、 お客様は敏感に 集まるものです。 日頃より 「輝く仕事」 を心がけましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『お客様の目』


主人公はお客様です。 「チェンジチェアーの原則」 があります。 相手とイスを 変えるということです。 お客さまの立場で 思考し行動することです。 日本一サービスが 良いと言われているホテルでも、 常にお客様の立場になることは 難しいことです。 サービスには限界がありません。 これで良いという 自己満足ではなく、 お客様の視点に立って 「無限の気配り」をしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Simplification"


人生を上手に生きることは 単純化することです。 大自然の法則は 単純なものです。 何か決断に 困ったことがあれば、 できるだけ単純に 考えることです。 例えば営業の形態は 3つしかありません。 1.新規開拓 2.リピート 3.紹介 です。 会社経営、組織、コンセプト、 ドメインも複雑ではいけません。 複雑なことは 行動に結びつきません。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『自分で決めるからうまくいく』


自分で決め、 自分で行動するというのは、 セルフ・マネジメントの 大原則です。 このことが、 ものごとをうまく運ぶ 要点なのです。 指示待ち族ではいけません。 自ら思考する癖をつけましょう。 心理学でも、 "主体的に行動すると、 私たちの信念は ずっと強固なものになる" ということが解っています。 主人公はあなた自身です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『脱皮』


蛇は脱皮を 繰り返しながら成長します。 脱皮ができなくなれば 死ぬことになります。 企業においても同じです。 自ら脱皮しようという 謙虚さと意欲が必要です。 世の中が大きく変化しています。 企業も変化対応力が必要です。 本物の時代、 モノからコトへの変化の時代、 AIやロボットの台頭… さあ会社を積極的に 変えていきましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示
12