ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

2019年January

『ニーズ』


『ニーズ』     世の中のニーズは 常に変化しています。   酒屋さんがコンビニになるとか、 お酒の種類も、買う場所も、 時間帯も変化していくのです。   ニーズの変化に あわせて会社は変化し続けて いかなければいけません。   「毎日同じ仕事を していればいい」 などと思わず、 仕事の省力化やスピードアップに 取り組むなど、 新しい創意工夫で 会社を変化させましょう。   新しく挑戦することが 会社を発展させることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『大欲を持つ』


『大欲を持つ』     大欲は大きな仕事を呼び込み、 小欲はしょせん小さな仕事しか できません。   小欲の人は長期的展望もなく、 目先の自己中心的になりがちで、 周りからも嫌われます。   大欲も小欲も、 それを達成するための努力には あまり差はありません。   大欲の持ち主は 大きな喜びを求めるので、 その当人だけではなく、 必ず周囲の人達の 喜びにもつながります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『相手を知る』


『相手を知る』 戦略構築の第一歩は、相手を知ることです。 営業は自分の都合を話すのではなく、まず相手を知ることです。 これからは更に提案営業が必要です。 相手が抱えている問題を知り、解決案を思考し、解決策を提案することです。 お客さまの悩みを聞き出し、 「その悩みをこのように解決してはいかがですか?」 と提案することです。 また、顧客管理とは、お客様が忘れていることを代わって管理し、自分の時間を顧客のために使うことです。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『目標を明確にする』


『目標を明確にする』  目標を持つことの大切さは誰でも知っています。 しかし目標を持って働いている人は、全体の3%程度です。 多くの人は毎日なんとなく過ごしています。 目標の明確化、細分化、統合化が必要です。 どんな仕事にも目標があります。 目標があるから意欲が生まれ、役割意識も生まれます。 目標が曖昧では、意欲も役割意識も強くならず、その結果、目標が達成できません。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『チャンス』


『チャンス』     仕事を与えられることは、チャンスを与えられたことだと考えましょう。   仕事の力をつけるには、仕事をするしかありません。   成長する人はそう考えています。   だから、成長する人は、仕事をすることを喜びに感じられるのです。   消極的に仕事をするのではなく、自分の能力の向上のために仕事をするのです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『生きる力』


『生きる力』   仕事ができる人は、エネルギーがあり、生きる力が旺盛です。   生きる力とは、自然の理に従い、宇宙のエネルギーを自分の力に変えることです。   例えば、成功の原則、   1.物事を前向きにとらえる。 2.感謝の心を忘れない。 3.愚痴をこぼさない。   を実践するとだんだん生きる力が増幅され運命が良くなります。   ちょっとしたことを変えることで、あなたの人生も変わります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『実行』


『実行』 「知っている」から、 「実行している」にならなければ 本当に知ったことにはなりません。    私達の大多数は、 もっと幸せになり、 もっと健康になり、 もっと充実した生活を したいと思っています。   そのためには、 何をする必要が あるかを知っています。   真の問題は、 知っていることを 実行しないことです。   あなたが知っていることを 断固たる行動をとった時、 はじめて、 実際のパワーに変わるのです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『準備のための準備をする』


『準備のための準備をする』     仕事とは段取り八分と言われます。   腕の良い板前さん、 大工さんは、いつも段取りが よく仕事場がきれいです。   手抜きの仕事からはなにも生まれません。   例えば 営業でも5回訪問すれば契約できるところ、 6回も7回も訪問することです。   プラス2回の訪問が次の準備に繋がります。   準備のしすぎはありません。   常に準備し、効率よりも効果を狙いましょう。      Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示