To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2019February this year

『チェンジ・チェアの原則』


『チェンジ・チェアの原則』     チェンジ・チェアの原則とは、 イスを変えるということ、 即ち、相手の立場に 立つということです。    会社の立場でなく 顧客の立場、 上司であれば部下の立場、 部下は上司の立場に イスを変えてみることです。   このことは 頭で考えるのは簡単ですが、 実際に実行することは 難しいものです。   なぜならばどうしても、 自己中心になって しまうからです。   自分のイス、 自己を忘れると 周りが感じられます。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Some people grow"


『伸びる人』     私は毎日、 多くの人に会っています。   その中でも伸びる人の 共通項があります。   それは素直な人です。   人の話を真剣に聞き、 素直に自分の人生なり 仕事に生かそうとする人です。   伸びない人は、 すぐ知っています、 やっていますと言います。   自分はやっている、 知っているつもりでも、 他人から見たら 全然できていないのです。   今日も明るく、 素直な気持ちで 一日を生きましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Wisdom"


『知恵』  学ぶということは、読み、考え、対話することです。 いくら知識があってもだめです。 知識からは何も生まれません。 知識に基づき行動して、初めて知恵になります。 これからの時代は知恵の時代です。 机上の知識だけでは何も生まれません。 失敗からも知恵が生まれます。行動して汗をかいて体得するところから、新しい価値創造ができるのです。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Company formation"


『問題形成型企業』  当社は問題がありませんとよく聞く。 それは目標が低いからである。 自らバーを上げることで、総てが問題になります。 これからは、指示待ち族では居場所がなくなる。 現状に甘えることなく、また問題解決だけにエネルギーを使うのではなく、自ら問題形成をし、それに挑戦する企業風土を創りましょう。 経営とは革新の連続です。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"-Answer solution '


『多答解』  ビジネスは1+1=2というように答えが一つしかない唯一解ではない。 ビジネスは多答解です。 ではどうすれば良い経営ができるかは、ケースバイケースで難しい。 しかし、その中でも大切にしなければいけないことは、原理・原則と時流です。 意思決定をする場合、原理原則か時流に合わせることである。 両方に合えば更に良いと思う。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Action"


『行動』  まず行動ありきです。 学ぶためには一流の専門家の話を直接聞くことが重要です。 著書を読んで、「これは」と思った人の講演会やセミナーに出かけることです。 幸い、その手の情報はインターネットで簡単に検索できます。 ところが成長しない人は、チェックはするものの、結局セミナーに出かけない行動渋滞の人です。 「感即動」感じたら動くことです。 動くことで道が開けます。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Situation"


『現状把握』     コップに水が 半分入っているのを見て 「半分しかない」と考えるのと 「半分もある」と考えるのでは 大きな差がある。   同様に会社に関する 数字を見た時にも、 多いと感じるか、 少ないと感じるかで、 その後の行動は 全く違うものになるはず筈です。   数字を見た時に、 会社がどのような状態なのかを イメージできることが大切です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

'Takotsubo culture'


『たこつぼ文化』     自社の商品に毎日接し、 それに関する業界用語を 使っていると、 それが当たり前のように 思えてくるものです。   自分がわかることは 他の人もわかるはずと考える。   業界用語だけを使っていると、 思考も業界だけの 発想になってしまいます。   もう一度、 普段使っている言葉の 視点・観点・測点を変えて 再定義する必要があります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Continue?"


『継続しているか』  テーマを決めて勉強を継続していますか? 社会人になって、勉強する時間がないと嘆く人がいます。 だが、伸びる人は勉強しています。 時間がないのではなく、時間は創るのです。 私は毎日5時起きをすすめています。 朝の時間に毎日30分でも、1時間でも勉強することです。 こういう良い習慣が身に付くと、貴方の人生は大きく変わります。 決心が大事です。 やるかやらないかは、ご自身の問題です。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

'Convergent thinking and divergent thinking'


『発散思考・収束思考』     発散思考とは 思考を拡げることである。   試行錯誤を繰り返し、 与えられた条件から 多種多様な解決策を 生み出す思考です。   収束思考とは、 与えられた条件から 唯一の回答を導き出す思考です。   一般には 発散思考・収束思考を 同時に使う傾向がありますが、 問題解決には、 この二つの思考方法を 分けて考えることが大切です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all
12