ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

2019年April

『回収』


『回収』     回収の遅れは リスクの発生を意味する。   迅速な対応を 心掛けなければならない。   「回収できてはじめて 売上が上がったといえる」   売上を上げる意識だけでは、 入金管理はおろそかになる。   回収の遅れには、 さまざまな原因が考えられます。   取引先の信用状態が 悪化しているとか、 取引条件の食い違い、 支払いの段になって担当者と もめているといった 事態もあります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『自分でなければ、が・・・』


『自分でなければ、が・・・』     すぐ何から何まで 自分でやってしまう 管理者がいらっしゃる。   その結果、 部下はますます考えなくなって、 すべてを管理者がやらなければ ならなくなっている。   これは自分がやらねばという 自負心と過剰な責任感が そうさせているのである。   目的と課題を明らかにして 部下に仕事を任せれば、 人は育ち、且つ、 ご自身は更に上位の仕事に シフトでき、 事業の拡大が図れます。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『感即動』


『感即動』     人間は感じる動物です。   感じたら即、 行動することが大切です。   引き受けた仕事は すぐに取り掛かると、 信用され、 仕事の成果も出ます。   企業における クレーム処理は良い例です。   仕事に対して 即時処理の癖をつけると、 仕事の効率、効果も 上がります。   仕事の出来る人は 即時処理の出来る人です。   まず行動です。   行動渋滞を起こさないで、 「感即動」の実践をしましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『お役に立つ』  


『お役に立つ』     経営資源には、 ヒト・モノ・カネ・ 時間・情報がありますが、 特にヒトはその筆頭であり、 また企業にとって財産です。   しかし、 一方で人件費は最大の コストとも言われます。   限られた時間の中で、 いかに効率よく成果を上げるか、 いかに会社に役立つか、 お客様に役立つかが ポイントです。 財産である筈のヒトが コストになってしまっては いけません。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『優先順位』


『優先順位』     次々と起こる緊急事態の 処理に追われて 毎日が終わっていないだろうか。   仕事には 緊急課題と重要課題があります。   日々の仕事は 必ず優先順位づけをし、 それを厳守して 取り組んでいかなければ、 つい目先の緊急課題に 追われてしまいます。   重要課題を引き延ばすと、 全てが緊急課題に なってしまいます。   重要なことは、 重要課題を優先させる 勇気と知恵です。      Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『幸せな一生』


『幸せな一生』     幸せな一生を 送るにはどうすれば良いか。   それは足元を きちんとすることです。   唯一総ての人に 平等なのは時間です。   一日、一日の時間を どのように過ごすかが ポイントになります。   働く時間、勉強する時間を 多く取ることです。   毎日を一所懸命に働き、 勉強すれば、 自分の天職に出会います。   自分がこの世に 生まれてきた存在の意義を 自覚することで、 幸せな人生となります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『夢』


『夢』     今日のような 環境変化の激しい時代には、 何を目的に経営して良いのか 不明確になってしまう。   それにはまず、 己の事業への夢・ロマンを、 会社の未来の「あるべき姿」 として明確に、 鮮明にすることです。   会社の創成期は どんな会社も夢があり、 その実現のために 戦っていました。   会社の発展は 社員教育と夢の共有を するかです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『問題発見』


『問題発見』     ビジネスで大切なのは 問題発見です。   ほんの少しの変化でも、 なぜ?と疑問に思うことが スタートです。   現状の変化の中から、 顕在部分・潜在部分・推測部分 に分け、 その要素・要因・原因・理由を 明確にする。   問題解決の第一歩は 問題発見です。   また、 お客様・現場は常に情報を 発信しています。   いかに精確に把握するかです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『坐禅』


『坐禅』     坐禅をすることによって、 自分自身の大きな 潜在能力が明らかになります。 坐禅は姿勢を正し、 息を吐くことで身と心を 一つにする訓練をすることです。 自身の心と体が、 本来の機能を発揮 できるようにするのです。 最大の恩恵は、 1日20分の坐禅で得られた 心のやすらぎと落ち着きは、 悩みや不安から開放され、 自分の命が輝き、 毎日を生き生きと 生きることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『コストダウン』


『コストダウン』     徹底した コストダウンをしているのに、 さらに値引きの圧力がかかる。   「これ以上はムリ」と 思えることでも、 数年後を振り返れば クリアー出来ている ことも少なくない。   改善の三要素は 「やめる」 「へらす」 「(やり方を)変える」 です。   キーワードは 「もっと速くできないか・ もっと楽にできないか・ もっと安くできないか」 です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示
12