To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2019年April

『時間で成果』


『時間で成果』     リーダーは、 与えられた時間で成果を あげるプロフェッショナルです。   また、 リーダーとは、 他人の時間を使って 組織の目的を実現する人です。   従って、 部下や協力企業の 時間と貢献を管理でき、 協力をしてもらわなければ なりません。   そのためには、 まず自らの時間の使い方を研究し、 タイム・マネージメントに 強い関心を持ち続けましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Strength"


『強み』     あなたは自分の強みを 知っていますか。   強みとは優位特性です。   よく自分にはあまり強みが ないという人がいますが、 そんなことはありません。   例えば、 「声が大きい」「笑顔」 「行動力がある」「親切」 「PCに強い」   ちょっとした 自分の強みを把握し、 それを更に訓練して育てて いけばいいのです。   小さな強みが自信になり、 更に大きな成長につながります。   当たり前のことを 真剣にやりましょう。   総て足元に宝物があります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『Plan Do Seeのサイクルを回す』


『Plan Do Seeのサイクルを回す』     マネジメントの基本は、 Plan (計画)Do (実施) See(統制・調整)です。   経営とは 「あるべき姿・ありたい姿・ あらねばならない姿」を 明確にする。   1)経営方針に基づいて、 2)目標をつくり、 3)業務を割り当て、 4)業務を遂行する ことです。   そして、 これらを具体的な行動に移し、 結果を出すのが 管理者の仕事です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『革新の連続』


『革新の連続』     無理なことを無理と思わず、 当たり前のようにやり遂げる 集団を創ろう。   優良企業は必ず こういう集団になっている。   経営とは革新の連続です。   一見、 非常識と思われる目標を設定し、 全員で挑戦する企業文化を 創りましょう。   我々はすぐに限界を決め、 これ以上は無理だと 考えてしまいます。   限界を超えていくために、 変化し続けることが重要です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『評価』


『評価』     社会人は自己評価が原則です。   一所懸命仕事をし、 一定の成果もあげている、 上司からの評価も高い。   にもかかわらず、 毎日なぜか疲れる。   あなたにもこんな経験は ありませんか。   この不幸せな状況を 生み出す原因は、 「人の評価を気にし、 その為に自分の成果を あげよう」という、 間違った考え方が 背景にあるからです。   野球においても、 監督が変われば 求められる選手も変わります。   他人の評価を 気にするのではなく、 あなたの評価は、 あなた自身が決めることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『起業家』


『起業家』     1800年頃「起業家」という言 葉をつくりだした フランスの経済学者 J・B・セイは、 こう言っている。   「生産性の低い分野から 生産性の高い分野に経営資源を シフトさせるのが起業家である」   我々は経営を複雑に しすぎているようだ。   物事を単純化して考えると良い。   経営とはもともと 単純なことを 深く考えることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『本日開店』


『本日開店』     “仕事は無数に創造できる”。   「それは私の仕事じゃない」 の意識では会社は衰退する。   毎日必ず新しい行動を起すと、 新しい役割に気づく。   創業間もない会社は人が少なく、 仕入れ、生産、 営業、配送、集金…と 1人何役もの仕事をこなすことが 当たり前になっている。   起業家精神とは、 本日開店の気持ちを 持ち続けることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『早起き』


『早起き』     私は5時起きを実践し、 又、推奨もしています。   「早起き」は、 一日にコントロール されるのではなく、 あなたが一日をコントロール できるからです。   一流の人の唯一の 共通点といえば「早起き」です。   朝の10分は夜の時間の 何倍もの効果があります。   さあ早起きの習慣を 身に付けましょう。   早起きの習慣を 身に付けるには、 時間と努力と忍耐が必要ですが、 あなたの人生が 更に素晴らしいものにします。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all
12