ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

2020年January

『テキパキ』


『テキパキ』 今できることを先送りしていませんか。 先送りする人は、結局それが許される環境にいるからです。 「あとでも大丈夫」「いまやらなくても何とかなる」という習慣が身に付いているからです。 ポイントは即行です。 テキパキ仕事をすることです。 仕事は忙しい人に頼めといいますが、忙しい人はすべてにテキパキしています。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『スピードアップ』


『スピードアップ』 仕事のスピードを上げるには、「できること」から着手することです。 大きな仕事の場合は、すぐにできる小さなところから手をつけていくことです。 仕事が遅い理由の一つは、仕事を始めるまでに時間がかかりすぎることです。 特にやりなれない仕事、大きな仕事は、手をつけるのが遅れてしまいます。 「やらなければ」と思いながらほかの仕事をやり、それを後回しにしてしまいます。 営業でいえば新規開拓などです。 仕事をスピードアップするためには、「まず、取り掛かる」ことが大切です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『習慣化』


『習慣化』 成功している人は良い習慣を身に付けています。 習慣は第二の天性です。 例えば歯を磨くことは、何も考えずに実践しています。 これは子供の頃から習慣になっているからです。 習慣化のポイントは、 1.見える化 習慣にしたいことを常に見えるようにすることです。 早起きでも、体重を減らすでも、見えるようにすることです。 2.即行動する 見える化でやるべきことが明確になれば、すぐ行動をすることです。 3.愚直に継続する 三日坊主でも100回続ければよいのです。 人生に勝つ習慣、幸せになる習慣を身に付けましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『魚屋』


『魚屋』 商売の原点は魚屋から学ぶことが出来ます。 朝仕入れたものを夜までに売り切ることです。 また、給料日の後は少し高い魚が売れ、地域によっても仕入れる魚の質が違います。 今日の仕入れが10万円とすると、売り上げが10万までは明日の仕入れで、それ以上の売り上げが利益です。 会社経営の本質はごくシンプルなものです。 経営とは複雑なことを簡単にし、簡単なことを深く考え、楽しくやることです。 昨今のようなスピード時代には、在庫は魚と同じように腐るという考え方が必要です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『~がる』


『~がる』「いやがる」からいやになる。「寒がる」から寒くなる。「暑がる」から暑くなる。「~がる」からそうなります。人間は思った方向になります。今までのマイナスなエネルギーを変えて、積極的に考えるようにしましょう。出来る、出来ると思うと何でも出来ます。人間には素晴らしい能力と無限の可能性があります。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

Podcast 禅と経営 第143回 動きと働き


Podcastで毎週水曜日に配信しています。毎日をイキイキと活きるためのヒントにご活用ください。【キーワード】動きと働き 付加価値のあるお金に結びつくことが働きである【一問禅答】最近独立をしました。あるべき姿が描けずに未来が不安です。こちらからお聴きください。⇒ https://apple.co/2Qz7ESt Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『輝く』


『輝く』 あなたは輝いていますか。 多くの人は自分を輝かそうと思っていません。 なんとなく生きている人は輝いてきません。 輝く人は目的に向かって「挑戦し」「前進し」「夢中に」なっている人です。 また輝いている人は、「いま・ここ」を真剣に生きている人です。 私たちの思考は現実化します。 物事を前向きにとらえ、輝く人生にしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『親切にする』


『親切にする』 ビジネス活動で最も大切なことは、信頼関係を創ることです。 初対面よりも何度も会ったり、一緒に仕事をすることで信頼関係が構築されます。 さらに実践的には、相手に何らかの利益をもたらすことです。 相手に与えれば与える程、自分にメリットが返ってきます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『日頃の行動』


『日頃の行動』人を動かしたいと思うとき、「言葉」に頼っていてはまだだめです。子供は親の背中を見て育つのです。言葉以上に影響力があるのは日頃の行動です。相手はあなたの言葉ではなく、あなたの行動を見ているのです。ポイントは言行一致です。自分の行い以上のことを相手に求めても、何も説得力がなく意味がありません。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『使命感』


『使命感』経営者または企業にとって大切なことは、使命感(ミッション)です。社会、市場が求めるニーズをしっかりと掴み、「我々の事業は何か」「我々の顧客は誰か」を問い続けることで使命感(ミッション)が生まれます。誰にでもその人なりのミッションがあります。早く自分のミッションを明確にしてお役に立つことです。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示
12