To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020May this year

坐禅していますか?


坐禅していますか? 一人で坐禅をするのは難しいという声をよく聞きます。 そこで定期的に坐る習慣をつけるために毎月1回オンライン坐禅を開催します。 強制的に坐る場に参加するこで、坐る体質を身に付けてください。 私は、ご縁のある人に毎日をイキイキと生きて欲しいと強く思っています。 いまの世の中は、情報が溢れています。 人はその情報を頭に入れて、複雑に絡めて考えます。 複雑になると悩み、苦しみ、迷います。 シンプルに考える。 そのためには、いまある情報を手放す。 息とともにすべてを吐き出してみる。 スポイトをイメージしてください。 スポイトに水が満杯に入っていたら、新しい水を入れることができません。 人も同じで、余分なものが新しいものを入れる邪魔をしています。 まずは満杯に入っている水を出し切る。 息を吐いて余分なものをすべて吐いていく。 勇気をもって手放す。 これをできるのが坐禅です。 ぜひ禅とのご縁を生かしていただきたいと強く願います。 オンライン坐禅の参加をお待ちしています。 オンライン坐禅 詳細はこちらから ↓↓↓ https://bit.ly/2XdVa6Y Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『物事を前向きに捉える』


『物事を前向きに捉える』 物事を前向きに捉える・プラス発想は、言葉で言うと簡単なようですが、実際、毎日実践していくことは大変難しいことです。 よく腹を錬るといわれますがまさにその通りで、腹を錬っていなければ、なかなかプラス発想は身に付きません。 禅の言葉で日日是好日という言葉があります。 腹を錬ってこだわりのない状態でないと、こういう心境にはなれないでしょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『自分の能力を信じる』


『自分の能力を信じる』 人間の能力は、ほんのちょっとしたきっかけで伸びるものです。 そのきっかけさえつかもうとしない人は、仕事をする人間として通用しません。 もっとあなた自身の能力を信じましょう。 そうすれば、思いがけない発見があります。 生き生きとしている人は、こうした発見を繰り返してきている人です。 若いうちから問題意識と改善意欲を持って仕事をしないと、仕事の現状に何の疑問も感じないようになってしまいます。 マンネリに慣れきって、挑戦意欲を失います。 本日開店の気持ちで挑戦しましょう。 あなたは素晴らしい能力を持っているのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『仕事意識』


『仕事意識』 一生のうちで、どれだけの時間を働いているか、考えたことがありますか。 1日8時間、年間250日働くとして2000時間、40年間で8万時間です。 もし、1日10時間なら10万時間です。それだけの時間を費やすのです。 「給料をもらうためにいやいや働いているのだ」というのでは、人生まで面白くなくなってしまいます。 今の仕事を命がけですると、仕事が楽しくなり、自分の天職になります。 仕事はあなたが主人公になれる場です。 そう考えて前向きに取り組むことで、仕事がどんどん面白くなります。 40年以上も仕事をするのですから、明るく楽しく生き生きと仕事をしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『努力は決して裏切らない』


『努力は決して裏切らない』 中途半端で終わる人は、考え方が中途半端なのです。 「あと一歩」の努力が大切です。 この「一歩」の大切さを理解し、体得することです。 あと一歩の努力で、結果が180度違ってきます。 最後の詰めが甘かったり、ちょっと努力を惜しんだために、結局すべてがダメになってしまう。 これほどもったいないことはありません。 同じ仕事をするなら、最後までやり抜く努力を習慣にしましょう。 努力は決して裏切りません。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『経営理念とはトップの人格』


『経営理念とはトップの人格』 経営の土台になる経営理念は大切です。 それは、経営理念とはトップの人格であり、トップ経営者の生き方であり、人生そのものであるからです。 松下幸之助は、会社がまだ小さい時から「当社では人を創っている」と言っていました。 創業者の人生がそのまま経営にさらけ出るものです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『あと一歩の努力』


『あと一歩の努力』 仕事は挑戦の連続であり、人生もまたそうである。 世の中、そこそこの仕事はするが、それ以上でもそれ以下でもないという人がたくさんいる。 そういう人には、もう一歩の努力や工夫、意欲が感じられない。 まだ若いのに、「これでいい」という既成概念のようなものができ上がっている人が多い。 仕事の最後のあと一歩を学びましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『内部要因』


『内部要因』 倒産する会社の原因はほとんど内部にある。 「景気が悪くなった」「消費意欲の落ち込み」など、決まって『負けた』経営者はその原因を他のせいにする。 経営には内部要因と外部要因があります。 城は内から崩れ「死にかかった魚は頭から腐る」のです。 大方の場合、会社が傾くのは経営者に原因があります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『仕事の筋肉』


『仕事の筋肉』 優先順位を大切にしましょう。 朝から優先順位の高い仕事をすることです。 優先順位の低い仕事を先に片付けて、それから・・・と考えていると、大事な仕事に取りかかるのが遅くなります。 雑用は、あいた時間にやればよいというくらいの気持ちで、まずはその日のうちになすべき重要課題から手をつけ推進しましょう。 そうすることで、朝から集中力を高めて仕事をすることができます。 毎日、早いスタートを切ること、大事な仕事から取り組むことが、成果を高めます。 良い習慣を付けて仕事の筋肉を鍛えることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『潜在意識』


『潜在意識』 潜在意識という言葉は、多くの人が知っているでしょう。 しかし、実際にそれを自分の生活や行動に活用している人は少ない。 実は、人間の行動の80%は、この潜在意識によって支えられているのです。 例えば、歩く時の動作を考えてみれば、無意識にこうした動きをしているのです。 潜在意識をもっとビジネスに活用しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All
12