To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020年June

『納期』


『納期』 納期のない仕事はない。 納期には「契約の納期」と「心の納期」があります。 「心の納期」は「期待の納期」とも言います。 「契約の納期」は当然契約書を交わします。 しかし契約書を交わすのは仕事の10%以内です。 残りの90%以上は「心の納期」になります。 丸の内のオフィス街で12時から13時までの、喫茶店でのコーヒーの納期は5分以内です。 しかしアフター5では、7~9分です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『コスト』


『コスト』 「コスト意識を持とう」「ムダを削ろう」などといったスローガンを良く耳にする。 では最も身近なコストってなんだろうか。 それは自分自身のコストです。 社会保険料、交通費、電話代、備品代、制服代・・・。 会社はたくさんのお金(=コスト)を負担してくれているのです。 まず自らコスト意識を持って、会社に如何に貢献するかがポイントです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『念ずれば現ず』


『念ずれば現ず』 私たちは自分の考えた通りの者になります。 人格も人がめぐらす思考の総和です。 植物が種から生長するように、人の心も思考という種から芽生え成長します。 念とは、今に心と書きます。 今、心に種を植えることで必ず実現します。 今の私達は、過去の思いと過ごした時間の結果です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『素人の発想』


『素人の発想』 ソニーの創業者である井深大氏とホンダの本田宗一郎氏に共通していたのは、ある意味では2人とも技術の専門家ではなく、素人だったことです。 創業者が素人発想を失わなかったからこそ、ソニーとホンダの躍進の素地が築かれたのです。 トヨタの何故5回のように、いつまでも素人的疑問を持つ澄んだ心が大切です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『市場は絶えず変化している』


『市場は絶えず変化している』 素人発想だから壁が破れる。 お客様の立場に立った素人発想こそが、これまでにないものを生み出す源になります。 業界にとらわれないことです。 1)業界を創る人がいます。 2)業界に従う人がいます。 3)業界を壊す人がいます。 ぜひ、業界を壊す人になり、新しい価値創造をしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『マンネリを打破』


『マンネリを打破』 ベテランになればなるほど経験やノウハウだけを判断材料にする。 ベテランほど、発想がマンネリに陥りやすいものです。 しかし状況はたえず変化しています。 たとえばスマートフォンの普及で固定電話が減っているのに、相変わらず電話攻勢で営業をかけている企業は、あまりにも現状を知らなさすぎるのではないか。 小さな行動変化を大切にしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Refinement"


『絞り込み』 20対80の法則があります。 不況になると、売上至上主義に偏ってしまい、仕事があれば何でもとびつく「ダボハゼ商法」になってしまう会社があります。 資金繰りのために、採算を度外視して仕事をしている会社もあります。 商品でも顧客でも売上の多い順に並べると、上位20%で売上の80%を占めています。 常に重点管理。 上位20%に絞り込み、「顧客満足」を提供することです。 一時的には減収になりますが、次第に増益に転じます。 利益の源は「顧客満足」です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『間締め(まじめ)』


『間締め(まじめ)』 生産の言葉に間締めというものがある。 ベルトコンベヤーをはずして作業員と作業員の間隔を詰め、手渡しのできる距離にする。 これにより、移動のムダ・時間のムダ・電気代のムダがなくなる。 このことは、あらゆるビジネスの場面にも応用できる。 顧客と営業マン、生産と営業も、もっともっと間締めをしよう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"On change"


『変化を知れ』 経験と勘が頼りの経験至上主義の経営は、頑固なこだわりでしかない。 現在は、変化の状況を精確に捉え、その事実を客観的に見て、それに基づいて行動する時代です。 商品別・得意先別・店舗別の売上や利益の状況を年計グラフやパレート図など、あらゆる視点・観点・測点から把握し、変化に対応して商品の入れ替えをすることから始めていこう。 社長は常に市場動向に注意を払い、変化に対し先手で行動することである。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『売上だけでは』


『売上だけでは』 対前年売上高比率のみを気にし、大騒ぎする社長がいる。 確かに売上数字は厳然たる事実を表している重要な指標です。 しかし会社の過去・現在・未来を表す本当の姿は数字だけではありません。 「人が育っているか」 「差別化が出ているか」 「優位特性は発揮できているか」 「経営課題は推進されているか」 数字に表れない部分も大切にしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All
12