To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020年July

"Professional Conditions"


『プロフェッショナルの条件』 1)才能だけでなく、良い習慣(勝ちグセ)と原理・原則を修得すること 2)過去にこだわることなく、常に新しいことに挑戦し続けること 3)「あるべき姿」で常に思考すること 4)準備のための準備をすること 5)これから先のために、今、何をするか、また、何をしてはいけないか 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Living Wisdom"


『生きた知恵』 どんどん人に会うことです。 生きた人間からは、生きた知恵が学べます。 知識は本やインターネットにもありますが、現実に仕事を動かしたり、成功させたりする知恵というのは、やはり生きた人間から直接聞かなくてはわかりません。 もちろん、仕事に限らず、相手の生き方や人生観に感じることもあります。 あなたに足りないものを吸収し、いやな部分は反面教師として、参考にすればいいのです。 仕事に行き詰まりを感じたり、挑戦意欲が衰えたと思うときは、人に会うことです。 講演会でも、異業種交流会でも、お客様でも、学校時代の友人でも、誰でもいい。 会うことで生きた知恵をもらえます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

What you want is not far away.


Podcast「禅と経営」に新しいエピソードが追加されました。 170.自分が求めるものは遠くにあるのではない ⇒https://apple.co/2Qz7ESt 【キーワード】 禅語「照顧脚下」 多くの禅寺の入り口に書かれている言葉です。   覚明が中国元に渡った時、ある僧が問いました。 「如何なるか是れ、祖師西来意」 その時に覚明が答えた言葉が「照顧脚下」です。 照顧とは“用心・注意する”という意味、脚下とは“足もと”の意味で、「足もとに用心せよ」という教えです。 我々に必要なものはいつも足元にあります。 自分の足元をしっかりとやっていれば、迷うこともありません。 足元を疎かにするから、赤字になったり、問題が起こったりします。 建築材料が入らないなら、いまできることでお客様にサービスする。 食材がないなら、お店の掃除をする。 借入金の返済ができないなら、銀行にいって返済を待って欲しいという。 それではなぜ、人は足元を忘れてしまうのか。 いま・ここにある宝に気付かないのか。 続きは、こちらから。 ⇒https://apple.co/2Qz7ESt Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Administrator"


『管理者』 部下の能力を最大限に発揮させることが管理者の“価値”である。 管理者の役割とは、自らが統括する部門の中でリーダーシップを発揮し、課せられた目標を達成することです。 管理者に最も大切なことは信念です。 難問に対して果敢にチャレンジする姿勢が部下の指導・育成につながり、組織を生き生きさせます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Spontaneity"


『自発性』 改善アイデアのなかには、担当者の工夫次第で簡単にできるものがあります。 だから「簡単なものは相談しないで、まず実施してみてよい。 その後に報告してくれればよい」という方針を示す。 そうすると、部下も「自分でできることは自分でやってみよう」と自発性も高まります。 それが自己決定感につながって、意欲も高まります。 大切なのは自ら考えることです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Business Act"


『営業行為』 経営は、顧客創造と顧客満足の提供です。 営業というと「モノ」を売っているのだという考え方になってしまいます。 営業行為とは単に商品を売るのではなく、顧客の抱えている問題を解決することです。 顧客に「体感」や「ライフスタイル」、あるいは顧客から見た「商品の価値」を提供することです。 これからは「差別化」ではなく「独自性」が必要です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Adversity


『逆境』 誰でも逆境に追い込まれるのはいやです。 だが、その逆境を経験しないと、人は強くなれないのも事実です。 逆境こそ、人を大きく成長させてくれます。 だからこそ、恐れずに挑戦することが大切です。 落ちたら這い上がればいいでのです。 ダメならやり直せばいいのです。 命までは取られません。 開き直って自分の力をとことん信じ、どんどん行動することです。 必ず何とかなります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Purchasing"


『仕入』 原価を抑えることで、確実に利益が上がります。 仕入原価を抑えるためには、仕入れ担当者を変えることも必要です。 また、仕入先を変えることです。 担当者と仕入先を変えることで、新しい視点・観点・測点が生まれます。 「売上利益」よりも、会社の利益に直接的な影響を与えるのは「仕入利益」です。 仕入利益を10%合理化すれば、10%の利益増になる可能性もあります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Action"


『行動』 世の中には、強く、たくましく見える人がいます。 そういう人は、仕事をバリバリこなし、一見悩みなどないように見えます。 しかし実際には、大なり小なり、みんな弱い自分と戦いながら生きているのです。 成功する人は、自分の弱さから逃げずに困難に立ち向かう人です。 逃げないで挑戦しているとだんだん強くなります。 努力は決して裏切りません。 行動渋滞を起こさなければ、必ず問題は解決されます。まず行動しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Train"


『鍛える』 「部下育成」は、あなた自身の能力を高めます。 それが、ひいては部下の育成になります。 部下も「自分の能力を磨いてもらえる上司の下で仕事をしたい」と思っています。 高い失業率、厳しい雇用情勢を考えれば、「部下に無理をさせ」厳しく鍛えることが管理者の責任です。 常に一段高いレベルの仕事をさせ、どこでも役に立つ人材に鍛えましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all