To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

2020year

"Organizations follow strategy"


YouTube禅と経営 好評配信中!! 今日は、「習慣は第二の天性」について話しています。 早起きも習慣にすれば朝5時に目が覚めます。 チャンネル登録してみてくださいね。 https://bit.ly/3gWJE8g 「習慣をアップグレードする」 https://youtu.be/o5SpQdMBaSs ─────────── 今日のワンマネ ─────────── 『組織は戦略に追従する』 業績を上げている会社は、組織を常に変化させている。 ビジネスにおいては、今のやり方でいいという発想自体をしないほうが良い。 全てにおいて、改善の余地があります。 そう考えることが、業績向上の糸口を見つけ出すためにも必要です。 売上、利益の向上、経費の圧縮、ロス率の発生を抑えるなど…。 組織とはすぐ劣化します。 二度とない人生だから、今日も輝いていきましょう!!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Clarifying the purpose"


YouTube禅と経営 好評配信中!! 今日は、佳山さんの司会でゲスト対談です。 チャンネル登録してくださいね。 https://bit.ly/3gWJE8g 「足元を固める」 https://youtu.be/5B0rvKQplc8 ─────────── 今日のワンマネ ─────────── 『目的を明確に』 一方的な指示は部下をロボットにする。 管理者の中には「黙って私の言うことに従っていればいいんだ」とばかりに、一方的な指示を与える人がいる。 部下は言われたこと以上の仕事はしない…。 自分の部下を「指示待ち社員」にしたくなかったら、「何のためにその仕事をするのか」を明確に伝えなければならない。 二度とない人生だから、今日も輝いていきましょう!!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Network of Contacts"


YouTube禅と経営 好評配信中!! 今日は「絶対の境地」について話しています。 チャンネル登録してくださいね。 https://bit.ly/3gWJE8g 「絶対の境地」 https://youtu.be/5PWSwfviaSw ─────────── 今日のワンマネ ─────────── 『人脈ネットワーク』 人脈ネットワークとは、ちょうどお餅を焼く「網の目」の様なものです。 「網の目」は変化しないようですが、絶えず錆びたり、劣化しています。 人脈も、放っておけば意思が通じなくなり、疎遠になっていきます。 また、網の目一つだけを切り離しても、ネットワークにはなりません。 我々の周りのお客様・従業員・同僚・上司・友人等のネットワークを大切にしましょう。 二度とない人生だから、今日も輝いていきましょう!!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"In-house power generation"


YouTube禅と経営 好評配信中!! 今日はシンプルな質問にお答えします。 チャンネル登録してくださいね。 https://bit.ly/3gWJE8g コミニケーション能力を上げるには? https://youtu.be/6g4HL-Nh2m4 ─────────── 今日のワンマネ ─────────── 『自家発電』 ビジネスで最も大切なことは自主性です。 現状に不満があったり、疑問を感じたら自家発電して自らの行動を変えることです。 チャンスは寝ていては来ません。 自分の「あるべき姿」を再確認し行動することです。 自分が動けば風が起きます。 自家発電しパワーのでるビジネスマンになりましょう。 過去と他人は変えられません。 変えられるのは、今と自分です。 二度とない人生だから、今日も輝いていきましょう!!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Done done"


YouTube禅と経営 好評配信中!! 今日は馬上から「照顧脚下」を話しました。 馬上はいつもと景色が違います。 富士の裾野からお届けしています。 冬の御殿場を感じてください。 照顧脚下 https://youtu.be/xAwhlm6Y5NI ━━━━━━━━━━━━━ 今日のワンマネ ━━━━━━━━━━━━━ 『やりじまい』 仕事のできない人の常套手段は『あとで』である。 仕事を後回しにすることです。 しかし現実の仕事は待ってくれません。 実際には仕事は「いま」か「もう手遅れ」のどちらかです。 「あと」に残した仕事は数日間、数週間、あるいは数年間もそのままで放置されます。 仕事に追われるのではなく、朝早く起きて仕事を追うように体質改善をしましょう。 二度とない人生だから、今日も輝いていきましょう!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Strength of Mind"


YouTube禅と経営 好評配信中!! 今日の動画は、仕事で使える2分間キーワードです。 「人も運も引き寄せる3つのコト」 https://youtu.be/ae0YnZaw0v0 よかったらチャンネル登録、いいね!してくださいね。 ─────────── 今日のワンマネ ─────────── 『心の強さ』 よく、プラス発想しよう・絶対積極で臨もうと経営塾で提案しています。 しかし、なかなか身につけるのは難しいようです。 仕事・人生で苦労した人の方が、絶対積極になれるようです。 心の強さは、持続的な鍛錬によって開発されます。 虚弱な心も、絶対積極の思考をすることで強化されます。 私は心の切り返しが上手だと思います。 ふと悩みが心をよぎっても、1分以内にプラス発想に変えることができます。 なぜならば、悩んでも何も事態は解決されないことを知っているからです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Write down a problem"


YouTube禅と経営 好評配信中!! こちらもチャンネル登録してみてください。 毎日をイキイキと生きる秘訣が公開されています。 YouTube禅と経営 https://www.youtube.com/channel/UC-rkihF1cOpufNGtKNZ00tw ─────────── 今日のワンマネ ─────────── 『問題を書き出す』 頭の中で考えていても事態は動かない。 問題を書き出し、問題とするか、しないかを明確にすることです。 問題とは「あるべき姿」と現状との差です。 問題としたものは意思を入れて解決する。 忙しいからと問題を放置すると慢性化して、結果的に大きな損失を招くことが多い。 明るい気持ちで問題を書き出し、どんどん解決していこう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"M waste"


『ムダ』 徹底的にムダを排除しましょう。 必要でないことをやるのがムダです。 必要なことをやらないのは、はしょりです。 まず、不良を出さないことがムダ取りのポイントになります。 このことが納期、品質、コストに関係してきます。 不良品は見えないところに置くのではなく、見えるところに置いて、問題をその場で解決することです。 見える化が必要です。 また、「なぜ不良がでたのか」を徹底的に追求し、真因を掴み改善を繰り返すことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

Illusion


『錯覚』 将来のことは、そのときが来なければ誰にもわかりません。 見えない将来に対して「必ずこうなる」という、良い錯覚をすることです。 錯覚には、「肯定的錯覚」と「否定的錯覚」があります。 どちらの錯覚を起こしているかが、幸せと不幸せの分岐点になります。 今日からは絶対積極で、「必ず成功する」と強い信念を持ちましょう。 思考が現実になります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Inhibitors and Drivers"


『阻害要因・促進要因』 課題を推進する時は、阻害要因・促進要因を明確にすることです。 阻害要因を箇条書きにし、その原因・真因を追究します。 真因を明確にし、その反対をすれば阻害要因が促進要因に変わります。 促進要因については三つの手を組み合わせ、課題をさらに促進するようにします。 思考は、常に課題達成に対して視点・観点・測点を多く持ち、基本の組み合わせを大切にします。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all