ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

Latest announcements


2018年8月14日 : 『攻めの経営』
従来の経営を抜本的に
見直すことは大切なことですが、
大半がこれまで、人員の削減、
営業所の撤廃等、消極的手段を
多く取ってきました。

これだけでは
経営は行き詰まります。

昔から、
撤退するときは敵軍の3倍の
兵力が必要だと言われています。

攻守を考えると、
守る側は攻める側の
3分の1の力しか発揮できません。

逃げる場合は、
攻める側の10分の1の力に
なってしまいます。

これからは積極的な
攻めの経営が必要です。

新商品開発、
サービス力強化、
品質強化等、
自社の優位特性を軸にして、
攻めの経営をしましょう。


Management consultant
Iizuka people

攻めの経営
2018年8月13日 : 『まず行動』
人間関係でも
考えすぎると上手くいきません。

落ち込んでいる人が
いるとします。

今声をかけるべきか、
何を言えばよいのか、
と悩んで何もしない人がいます。

何もしなければ
相手との関係は発展しません。

思いというものは、
行動に移して初めて
相手に伝わるものです。

今日も出来るコトから
行動しましょう。


まず行動する
体質を創りましょう。


Management consultant
Iizuka people

行動
2018年8月13日 : 『計画と時間』
●計画の立て方


何を為すべきかを
考えるのが戦略的計画


どういう方法でやるかを
考えるのが戦術的計画


如何にうまくやるかを
考えるのが戦闘的計画



●時間管理法

段取り八分、
準備のための準備を大切にする


何の為に・何を・何時までに、
をまず確かめる


時間で管理せず、
時間を管理する


Management consultant
Iizuka people

ビジネス
2018年8月9日 : 『許します』
禅的思想からは、
心とは一物もないのが
本来の面目です。

心とは無の状態です。

しかし
一般的には感情に
染まった心で判断し、
悲しんだり、怒ったりします。

一軒の家でも、
一般には「家庭」と見るか、

大工さんは
窓や壁の集合体と見るか、

泥棒が見れば人の気配を
気にするでしょう。

嫁、姑の不仲も
嫁が何をしたとか、
姑が何をしたとか、
過去の記憶を憎んでいるのです。

まず許すことです。

本来の心に近くなります。


Management consultant
Iizuka people

許す

2018年8月9日 : 『優先順位を明確に』
もっと良い
選択肢はないだろうか

と悩んでいる人が多い。

それは優先順位が
不明確だからです。

なぜ優先順位が
不明確なのか?

それは
あるべき姿・目的が
不明確なのです。


For instance
結婚問題でも

ほかにもっと
いい人がいるのでは、

今の相手より、
もっとお金がある人

など考えたりします。

仕事の問題でも同様です。

少しでも迷ったら
やめることです。

And

「自分のあるべき姿」から

もう一度、
思考し直しましょう。


Management consultant
Iizuka people

あるべき姿