ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

最新のお知らせ


2018年11月20日 : 『自主性』
ビジネスで
最も大切なのは自主性です。

給料をもらって
働くという発想ではなく、
働いて報酬を得るという
発想が大切です。

このことが作業から仕事へ、
動きから働きにと
仕事の質的変化をもたらします。

毎日、To Doリストを書き、
自分の仕事を創造し、
自分の一日を
マネージメントしましょう。

人間は意思を入れることで
何百倍もの力が発揮できます。


経営コンサルタント
飯塚保人

蓮の花

2018年11月20日 : 坐禅会の日程更新しました
毎月1回開催している坐禅会の日程を更新しました。

2019年12月まで掲載しています。

⇒https://keiei-zen.com/73054/event/


坐禅は、頭でしっていても意味がありません。

実際に体験することが大切です。



経営者、個人事業主、社員、派遣社員など

さまざまな立場の方が参加しています。


勇気をもって一度参加してください。


不明点などはお気軽にお問合せください。


お待ちしております。
2018年11月19日 : 『イメージ』
何か新しいことに
挑戦するとき、
出来上がったイメージを
持つことが大切です。

アウトプットのイメージを
鮮明に描くことです。

イメージは、
出来上がると
それを実現しようという力が
働きます。

更に進めると、
実現しようという
波動が出ます。

その波動に対して
協力者が出てきて、
波動が増幅されます。

イメージ力は
意思力の二乗です。


経営コンサルタント
飯塚保人


イメージ
2018年11月16日 : 『優位特性』
会社でも、個人でも、
自分の得意分野が必ずあります。

会社経営の場合、
会社が継続できるのは
優位特性があるからです。

顧客から見て
他社に競り勝つ
優位特性を伸ばすことです。

優位特性が
ハッキリしない会社は、
意識的に優位特性を
創り育成することです。


経営コンサルタント
飯塚保人



2018年11月15日 : 『梯子(はしご)』
よく仕事の梯子を
外されたら不安になる
という言葉を聞きます。

かつて私も
そう考えたことがあります。

それは自分の心に
逃げがあることです。

過去は過ぎ去りました、
あるのは
「いま・ここ」だけです。

もどる梯子は
もともとないのです。

さあ勇気を持って、
今の仕事に
全力投球しましょう。

必ず道は開かれます。


経営コンサルタント
飯塚保人