To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

『自分でなければ、が・・・』


『自分でなければ、が・・・』     すぐ何から何まで 自分でやってしまう 管理者がいらっしゃる。   その結果、 部下はますます考えなくなって、 すべてを管理者がやらなければ ならなくなっている。   これは自分がやらねばという 自負心と過剰な責任感が そうさせているのである。   目的と課題を明らかにして 部下に仕事を任せれば、 人は育ち、且つ、 ご自身は更に上位の仕事に シフトでき、 事業の拡大が図れます。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『感即動』


『感即動』     人間は感じる動物です。   感じたら即、 行動することが大切です。   引き受けた仕事は すぐに取り掛かると、 信用され、 仕事の成果も出ます。   企業における クレーム処理は良い例です。   仕事に対して 即時処理の癖をつけると、 仕事の効率、効果も 上がります。   仕事の出来る人は 即時処理の出来る人です。   まず行動です。   行動渋滞を起こさないで、 「感即動」の実践をしましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『問題発見』


『問題発見』     ビジネスで大切なのは 問題発見です。   ほんの少しの変化でも、 なぜ?と疑問に思うことが スタートです。   現状の変化の中から、 顕在部分・潜在部分・推測部分 に分け、 その要素・要因・原因・理由を 明確にする。   問題解決の第一歩は 問題発見です。   また、 お客様・現場は常に情報を 発信しています。   いかに精確に把握するかです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『坐禅』


『坐禅』     坐禅をすることによって、 自分自身の大きな 潜在能力が明らかになります。 坐禅は姿勢を正し、 息を吐くことで身と心を 一つにする訓練をすることです。 自身の心と体が、 本来の機能を発揮 できるようにするのです。 最大の恩恵は、 1日20分の坐禅で得られた 心のやすらぎと落ち着きは、 悩みや不安から開放され、 自分の命が輝き、 毎日を生き生きと 生きることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Strength"


『強み』     あなたは自分の強みを 知っていますか。   強みとは優位特性です。   よく自分にはあまり強みが ないという人がいますが、 そんなことはありません。   例えば、 「声が大きい」「笑顔」 「行動力がある」「親切」 「PCに強い」   ちょっとした 自分の強みを把握し、 それを更に訓練して育てて いけばいいのです。   小さな強みが自信になり、 更に大きな成長につながります。   当たり前のことを 真剣にやりましょう。   総て足元に宝物があります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『評価』


『評価』     社会人は自己評価が原則です。   一所懸命仕事をし、 一定の成果もあげている、 上司からの評価も高い。   にもかかわらず、 毎日なぜか疲れる。   あなたにもこんな経験は ありませんか。   この不幸せな状況を 生み出す原因は、 「人の評価を気にし、 その為に自分の成果を あげよう」という、 間違った考え方が 背景にあるからです。   野球においても、 監督が変われば 求められる選手も変わります。   他人の評価を 気にするのではなく、 あなたの評価は、 あなた自身が決めることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『早起き』


『早起き』     私は5時起きを実践し、 又、推奨もしています。   「早起き」は、 一日にコントロール されるのではなく、 あなたが一日をコントロール できるからです。   一流の人の唯一の 共通点といえば「早起き」です。   朝の10分は夜の時間の 何倍もの効果があります。   さあ早起きの習慣を 身に付けましょう。   早起きの習慣を 身に付けるには、 時間と努力と忍耐が必要ですが、 あなたの人生が 更に素晴らしいものにします。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『独自性』


『独自性』     すべての仕事で70点を 取る器用な部下と、 唯一つ95点の得意技を 持つ部下の どちらか一人だけを 選べと言われたら、 一芸に秀でた人材をとる。   なぜなら、 その彼は他の人に 代え難いからだ。    後者の人材は、 日頃の業務全般で平均点を 割り出すと50点にも満たない かもしれない。 ただし、 あることに関してはずば抜けた 能力を持っていることだけは 確かである。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Active words"


『積極言葉』     「私には・・しかない⇔私には・・もある」   「ものには限度がある⇔可能性は無限だ」   「できない⇔できる」   「つまらない⇔面白い」   「もうだめだ⇔もっとやれる」   「あせる⇔落ち着いている」   「不安だ⇔自信がある」   「大変だ⇔たいした事はない」   「心配だ⇔安心だ」   「時間がない⇔時間はつくれる」   意識するとエネルギーが変わります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Professionalism is important"


『プロ意識が大切』     我々は仕事をして 報酬を得ているのでプロです。   しかし、 日本人は就職すると 会社に依存するのか、 プロ意識が足りない人が 多くいます。   欧米のビジネスマンの方が、 プロ意識が強いように感じます。   日本も雇用形態が 欧米並になりました。   プロとして 良い仕事をするために、 最低でも規則正しい生活をし、 気力・体力を養って 常にベストな仕事が できるように心がけましょう。   風邪をひいたり 体調不良では、 到底プロとは言えません。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All