To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

『マンネリを打破』


『マンネリを打破』 ベテランになればなるほど経験やノウハウだけを判断材料にする。 ベテランほど、発想がマンネリに陥りやすいものです。 しかし状況はたえず変化しています。 たとえばスマートフォンの普及で固定電話が減っているのに、相変わらず電話攻勢で営業をかけている企業は、あまりにも現状を知らなさすぎるのではないか。 小さな行動変化を大切にしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『イメージトレーニング』


『イメージトレーニング』 スポーツの世界では、イメージトレーニングで成果を出している選手が多くなっています。 ビジネスの世界でも、成功者は無意識にイメージトレーニングをしています。 例えばいつもトップセールスマンになっている人は、自分が常にトップセールスマンであるということをイメージしています。 また多くの経営リーダーは、常に課題が推進されているイメージをしています。 もっと右脳を活かしていきましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『自分の能力を信じる』


『自分の能力を信じる』 人間の能力は、ほんのちょっとしたきっかけで伸びるものです。 そのきっかけさえつかもうとしない人は、仕事をする人間として通用しません。 もっとあなた自身の能力を信じましょう。 そうすれば、思いがけない発見があります。 生き生きとしている人は、こうした発見を繰り返してきている人です。 若いうちから問題意識と改善意欲を持って仕事をしないと、仕事の現状に何の疑問も感じないようになってしまいます。 マンネリに慣れきって、挑戦意欲を失います。 本日開店の気持ちで挑戦しましょう。 あなたは素晴らしい能力を持っているのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『努力は決して裏切らない』


『努力は決して裏切らない』 中途半端で終わる人は、考え方が中途半端なのです。 「あと一歩」の努力が大切です。 この「一歩」の大切さを理解し、体得することです。 あと一歩の努力で、結果が180度違ってきます。 最後の詰めが甘かったり、ちょっと努力を惜しんだために、結局すべてがダメになってしまう。 これほどもったいないことはありません。 同じ仕事をするなら、最後までやり抜く努力を習慣にしましょう。 努力は決して裏切りません。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『潜在意識』


『潜在意識』 潜在意識という言葉は、多くの人が知っているでしょう。 しかし、実際にそれを自分の生活や行動に活用している人は少ない。 実は、人間の行動の80%は、この潜在意識によって支えられているのです。 例えば、歩く時の動作を考えてみれば、無意識にこうした動きをしているのです。 潜在意識をもっとビジネスに活用しましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『部下を育てる』


『部下を育てる』 部門長には三つの役割があります。 一番目には自分のチームの仕事の業績を上げる、二番目には自分の携わっている仕事に関する関連情報を集める、三番目には部下を育成する、です。 以上の三つができたら、もう一つ大切なことは、新しい仕事を創り出すことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『責任』


『責任』 権限は委譲できるが責任は委譲できないといわれる。 上司に求められるのは結果責任。 そして部下が担うのは行動責任です。 指導先で「うちの会社は権限が委譲されない」と嘆く幹部がいる。 では権限とは何でしょうか。 「権限とは自由度であり、責任とは言い訳を言わないこと」です。 言い訳を言わなければ権限範囲が広がります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『結果を出す』


『結果を出す』 「結果を出すための最良の策」は、自分と正直に向き合うことです。 結果を出すためには、プロセスが昨日よりも改善されていなければいけません。 日々改善が「良い結果」へつながります。 毎日が真剣勝負です。 日々改善もなく、結果が出ないことを人のせいにするのではなく、自分のプロセスを改善することです。 毎日のプロセスの中に成功があるのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

『即時処理』


『即時処理』 まずは小さなことでいいから、すぐやるクセをつけることが大切です。 たとえばメールを読んだら、すぐに返事を書く。 資料を集めたら、すぐにファイリングして整理する。 上司に呼ばれたり、お客様に呼ばれたりしたら、すぐに相手のところに行く。 こうした小さな「すぐ」を自分に習慣づけることで、あなたは少しずつ「すぐやる人」になれます。 人間の能力は無限です。 即時処理の習慣を身につけましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All

"Extending 3 element'


『伸びる三要素』 伸びる三要素は、 1.明るさ 2.素直さ 3.行動力 です。 目標を高く持ってその達成の為に創意工夫する人です。 目標を達成するには、目標との差に対して、自分の能力を伸ばしていけばいいのです。 また、成長する人・・・叱られたら、素直に受け止める。 成長しない人は、自分を正当化する人です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show All