To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

"Business Act"


『営業行為』 経営は、顧客創造と顧客満足の提供です。 営業というと「モノ」を売っているのだという考え方になってしまいます。 営業行為とは単に商品を売るのではなく、顧客の抱えている問題を解決することです。 顧客に「体感」や「ライフスタイル」、あるいは顧客から見た「商品の価値」を提供することです。 これからは「差別化」ではなく「独自性」が必要です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『営業力』


『営業力』 営業力が強い会社は、間接部門の社員であっても営業的な見方や考え方ができるものです。 総務の社員でも、営業マンに「今度、○○というところへ営業してみたら?」という提案をしたりするものです。 ポイントは「お客様を知る」ことです。 どんな小さなことでも、「全員でお客様を知る」ことです。 我々の給料はお客様からいただいています。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"The difference of a single sheet of paper"


『紙一重の差』 いまほど他社との差別化が困難な時代はないでしょう。 他社と比べ品質や機能、サービスの内容も、価格もそれほど大差がありません。 他社との差を明確に出せる一つが、クレームヘの取り組み方です。 「何かあったとき、きちんと対応してくれる」企業から買いたい。 お客さまがそう思うのは当然のことです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Simplification"


『単純化』 人生を上手に生きることは単純化することです。 大自然の法則は単純なものです。 何か決断に困ったことがあれば、できるだけ単純に考えることです。 例えば営業の形態は3つしかありません。 1.新規開拓 2.リピート 3.紹介 です。 会社経営、組織、コンセプト、ドメインも複雑ではいけません。 複雑なことは行動に結びつきません。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『ドメイン』


『ドメイン』 企業やその他の組織体は、環境とのやりとりで存続し発展している。 組織体がやりとりをする特定の環境部分のことをドメインという。 例えば、ジャイアント・パンダの生息可能な地域も、パンダのドメインといえる。 企業におけるドメインは、製品、サービス、市場や顧客層や地域によって決まります。 また、自社の固有の技術の領域も大切な要因です。 常に自社のドメインを明確にすることが必要です。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『顧客創造』


『顧客創造』企業の目的としての定義は、顧客創造です。顧客を探すのではなく、新しい価値を創って顧客から支持されることです。顧客が真に望んでいること、既存の価値感、業界常識からいかに脱却して、新しい価値創造をするかです。モノからコトの時代になりました。そのモノを使用することで、どんなコトが生まれるかです。顧客から見て、価値の感じられるモノが売れていきます。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Principle"


『原則主義』 人生を成功させる原理・原則があります。 万有引力が自然界に存在しているように、人間の成功にも法則があります。 「物事を前向きに捉える」 「感謝の心を忘れない」 「愚痴を言わない」 「早起きをする」 「人の足を引っぱらない」 「勉強好き」 「社会正義に反しない」等があります。 これは普遍的なもので、地球上、時間も場所も越えて絶対的なものです。 これらを毎日実践できる筋肉と習慣を身に付けましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『回収』


『回収』     回収の遅れは リスクの発生を意味する。   迅速な対応を 心掛けなければならない。   「回収できてはじめて 売上が上がったといえる」   売上を上げる意識だけでは、 入金管理はおろそかになる。   回収の遅れには、 さまざまな原因が考えられます。   取引先の信用状態が 悪化しているとか、 取引条件の食い違い、 支払いの段になって担当者と もめているといった 事態もあります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Situation"


『現状把握』     コップに水が 半分入っているのを見て 「半分しかない」と考えるのと 「半分もある」と考えるのでは 大きな差がある。   同様に会社に関する 数字を見た時にも、 多いと感じるか、 少ないと感じるかで、 その後の行動は 全く違うものになるはず筈です。   数字を見た時に、 会社がどのような状態なのかを イメージできることが大切です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Clearly the priority'


もっと良い 選択肢はないだろうか と悩んでいる人が多い。 それは優先順位が 不明確だからです。 なぜ優先順位が 不明確なのか? それは あるべき姿・目的が 不明確なのです。 例えば 結婚問題でも ほかにもっと いい人がいるのでは、 今の相手より、 もっとお金がある人 など考えたりします。 仕事の問題でも同様です。 少しでも迷ったら やめることです。 そして 「自分のあるべき姿」から もう一度、 思考し直しましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示