To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

'Targeted'


地域・年代などターゲットの絞り込みが大切です。 経営資源をどこに投入するかで経営の是非が決まります。 経営資源を集中させることです。 20:80の法則やABC分析を使い、絞り込むターゲットを見極めましょう。 ターゲットとは標的です。 仕事を始める時には必ず、目的・目標などのターゲットを明確にし、計画的体験を積むことです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Femininity"


今の時代は差別化が大切です。 それには“らしさ”ということをもっと出していくことです。 周囲との違いを出し、「○○といえば、◇◇社」といわれるような、らしさが必要です。 らしさとはターゲット顧客を愛し続けることから生まれます。 また、らしさの追求は優位特性につながります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Sales and marketing"


提案営業・コンサルティング営業・問題解決型営業が大切だと言われている。 しかし本当に提案営業をしているだろうか。 提案営業をしていると言いながら多くの営業マンがやっていることは、自社の商品・サービスを「これはいかがですか。御社にピッタリです」とお勧めしているにすぎません。 提案営業とは相手の問題を解決することが始まりです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Health care"


自己変革の第一歩は、健康管理から始まります。 健康の三要素は、1.食事 2.運動 3.ストレスマネージメントです。 1.食事ですが、人間は食べ物のお化けと言われます。 酒を飲めば酔い、悪いものを食べれば食あたりします。 菜食を中心に少量採ることです。 身土不二といいます。 身近で採れる季節の物がエネルギーがあっていいです。 また、良く噛むこと、一口30回、50回噛むと標準体重が維持されて更に健康になります。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

'Report, check and recheck'


仕事で最も大切なのは、報告・確認・再確認です。 上司はいつもあなたの報告を待っています。 上司から報告や相談を催促されているようでは、きちんとした仕事ができていません。 一作業一報告です。 報告には事前報告・中間報告・終了報告があります。 報告すると信用され、確認すると信頼されます。 再確認すると更に仕事の精度が上がります。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『市場価値』


21世紀はビジネス・スタイルを変えることです。 厳しい環境に泣き言を言っていても何も解決しません。 市場価値とは、その厳しい中で問題を解決することで得られるものです。 「紙一重の差」が大切です。 顧客の問題を解決し、さらに「紙一重の差」を出すことです。 業績を上げる会社は、仕事に常に「紙一重の差」を追求しています。 大きな差をいきなり狙う必要はありません。 「紙一重の差」がやがて大きな差になるのです。     経営コンサルタント 飯塚保人         Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『情報』


営業活動のスタートは情報を集めることです。 営業マンは、顧客の情報を集めることが大切です。 頭からITに頼ることなく、こまめに足を運び、顧客に向かって視界を広げて、あらゆる情報を集めてくるのです。 その集めた情報の中から更に一歩進んで、顧客の問題を解決することです。 小さなこともきちんとやることで顧客と心の契約ができます。     経営コンサルタント 飯塚保人       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

? Power of understanding the status quo '


?売上の変動はどのような要因によるものなのか。 季節要因もあれば、先方の売上不振、あるいは、同業他社・後発の競合が入り込んでいるのかもしれません。 また、逆に自社のシェアを伸ばす余地はあるだろうか?別の商品、製品を買っていただくことは可能か?を思考すること。 まず精確な現状把握をし、戦略構築することが重要です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Refinement"


20対80の法則という普遍の原則があります。 しかし知ってか知らずか、売上至上主義に偏ってしまい、仕事があれば何でもとびつく「ダボハゼ商法」になってしまう会社があります。 また、資金繰りのために、採算を度外視して目の前の売上を上げることを優先している会社もあります。 商品でも顧客でも売上の多い順に並べると、上位20%で売上の80%を占めています。 常に重点管理。上位20%に絞り込み、徹底的に「顧客満足」を提供することです。 一時的には減収になりますが、次第に増益に転じ、利益体質のサイクルに改善されます。 利益の源は「顧客満足」です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示