To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

"-Answer solution '


『多答解』  ビジネスは1+1=2というように答えが一つしかない唯一解ではない。 ビジネスは多答解です。 ではどうすれば良い経営ができるかは、ケースバイケースで難しい。 しかし、その中でも大切にしなければいけないことは、原理・原則と時流です。 意思決定をする場合、原理原則か時流に合わせることである。 両方に合えば更に良いと思う。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

Power of understanding the status quo '


『現状把握力』     一流の医師の特徴は、見立て、 つまり 診断が優れていることです。   どんなに 薬の効能や副作用に詳しくても、 あるいは 執刀技術が優れていても、 最初の診断が間違っていては 実力は発揮されません。   ビジネスでも同様で、 まず現状把握です。   次に現状認識です。   その後、 判断、決断をして 計画、行動に結びつけるのです。   戦略構築の第一歩は 相手を知ることです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Feet"


私たちは足元にあること、 出来ることが 色々あると思います。 例えば健康管理も 難しいことをするのではなく、 1.運動をする。 2.食事を減らす。 3.プラス発想をする。 こんなことを工夫して 継続することで健康になります。 しかし難しく考えたり、 遠くに求める傾向があります。 一つずつ目的を明確にして、 足元の出来ることから 始めましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Habit"


成功している人は 良い習慣を身に付けています。 習慣は第二の天性です。 例えば歯を磨くことは、 何も考えずに実践しています。 これは子供の頃から 習慣になっているからです。 習慣化のポイントは、 1.見える化です。 習慣にしたいことを 常に見えるようにすることです。 早起きでも、 体重を減らすでも、 見えるようにすることです。 2.即行動すること、 見える化で やるべきことが明確になれば、 すぐ行動をすることです。 3.愚直に継続すること、 三日坊主でも 100回続ければよいのです。 人生に勝つ習慣、 幸せになる習慣を 身に付けましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Tsugaru"


「いやがる」からいやになる。 「寒がる」から寒くなる。 「暑がる」から暑くなる。 「~がる」からそうなります。 人間は思った方向になります。 今までのマイナスな エネルギーを変えて、 積極的に考える ようにしましょう。 出来る、出来ると 思うと何でも出来ます。 人間には素晴らしい能力と 無限の可能性があります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

'Principles and principles'


経営の3本柱に、 原理原則 意識改革 コンセプト の追求があります。 原理・原則は 普遍性を持ち、 時代・場所を問わず、 戦略が変わっても、 業種が変わっても、 経済事情が変わっても、 原理・原則は 変わりません。 原理・原則は 我々の人格を 向上させ、 心を深く満足 させるものです。 もう一度、 原理・原則に 沿った生き方を しましょう。 周りの状況が 変わろうと、 我々の生活に 安定した方向性を 与えてくれます。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

Discovery of the difference


「成功している人と自分」 「健康な人と自分」 「パワフルな人と自分」と 「どこが違うか」を 明確にすることです。 自分が モデリングしている人と 自分の行動パターンの 違いを明確にすることです。 特に身体の使い方・ 心の使い方の違いを 発見して自分を 変えることです。 つまり成功のレシピを 自分のものにすることです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Repeat customer"


販売には 新規客と紹介客とリピート客が あります。 リピート客を増やすことが 商売のポイントです。 ではどうしたら リピート客になるのかです。 それには顧客に感動を あたえることです。 感動には 二種類あるといわれます。 モノ・商品による感動と、 人的な感動です。 どこで、何で、 リピート客になってもらう 感動を供給するかです。 要は「また来てね」の インサイド・セールスを どこでするかです。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Wash heart"


坐禅や瞑想して息を吐くことで心の雑念や執着を捨て去ることができます。 私たちは、顔や手の汚れについては毎日洗いますが、心の汚れも毎日洗わなければなりません。 心の汚れは大人になるほどたまります。 汚れをためないためには、日々の生活の中で人を思いやったり、やさしく接することが大切です。 大きく息を吐いて、汚れをためないでいつも心を綺麗にしましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『着眼大局、着手小局』


経営は着眼大局、着手小局で行えばよい。 着眼は目先の10より、10年後の100を目指す。 また、木を見て仕事をするのではなく、森、全体を見て仕事をするのです。 しかし着手は細心の注意を払い、細かいことをきちんとやることです。 「神は細部に宿る」です。 細部をきちんとすることで顧客は離れません。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示