To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

『改善とは』


1.改善とは 「やり方を変える」 ことです。 2.改善とは 「小さく、少しずつ変える」 ことです。 3.改善とは 「出来る範疇でやる」 ことです。 「改善は難しい」と 思い込む必要はありません。 また、 改善イメージを 共有するには、 具体的な改善を 示すことが効果的です。 身近なところから 改善しましょう。 机の引き出しも、 中を形跡管理するだけで 生産性が向上します。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Efficiency and effectiveness"


効率を上げるテクニックを 勉強している人が沢山います。 悪いことではありませんが、 より少ない時間でより効率を 上げることで本当に我々の 生活が良くなるのでしょうか。 「効率と効果」 「時間と人生」、 自分自身についてもっと深い 根本的なところを 思考しなければいけません。 手っ取り早く質の高い生活や 有意義な人生を送ることは、 到底ムリです。 働かないで 金持ちになるのと同じです。 ムリなものを追求しても 幸せにはなりません。 やはり、 成功の原理・原則に 沿った生き方の方が より早く効果的です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

Put prohibition


仕事で最も大切なのは 準備のための準備です。 つい私たちは 仕事を先送りし、 いよいよ 切羽詰ってから 始めます。 気持ちが 乗らない仕事は 先送りにして しまいます。 毎日 To Do Listを書いて、 仕事を小さく コマ切りにして 推進することです。 まとめて 仕事をするのではなく、 細かく分けて 書いて仕事を することで 思考も深まります。 人生の大きな 問題も先送り しないことが 肝要です。 今日も足元の 仕事を一所懸命 しましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Abnormal"


3Sの目的は 異常発見です。 異常は 必ずどこかに 問題があることを 示しています。 たとえば、 普段のロス率が 5%であるのに、 ある月だけ10%に なっていた。 あるいは、 売掛金の回収率が 先月より大きく 下がっていた。 こうした視点から 異常を感知し、 どこに問題があるかを 探り出すのです。 異常が起きた場合 すぐ対策を するのではなく、 何故5回で 真因を掴むことです。 原因・真因の 反対が対策です。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Standardization"


熟練者のノウハウを わかりやすくまとめ、 誰にでも 活用できるように 共有化することで 仕事の効率も上がります。 また、 よく仕事のできる人の 行動・思考・習慣を 学ぶことで あなたも仕事ができる 人間になります。 その習慣が身に付いたら さらに改善をし、 自分自身のノウハウに することです。 標準化できたら改善をし、 仕事を進化させましょう。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

Delivery delay


納期遅れの大きな原因のひとつは「約束した納期を守れる」という自信がないまま、いい加減な約束をするからです。 ポイントは精確な現状把握です。 常に自社の生産状況、在庫状況を把握することです。 また会社の体質も完全納期の意識改革が必要です。 納期をキチンと守れることは会社の力になります。     経営コンサルタント 飯塚保人   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『生産管理』


監督者の仕事はムダを徹底的に排除することです。 量の確保・品質保証・標準化・異常発見等を管理することです。 ライン停止や不良品発生はわりと判りやすいが、コストアップの異常はわかりくいので注意する必要があります。 問題を顕在化し「何故5回」で問題の真因を見定め、作業改善、設備改善に結びつけることです。     経営コンサルタント 飯塚保人     Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

?"Invisible costs"


私たちは“原価”というと「目に見える物」だけを思い浮かべてしまいます。 しかし、仕事の質や時間という形のない物に対する原価意識は忘れられがちです。   仕事をもっとスピーディに、精確に、ミスや無駄を無くすことは、仕入れ原価以上にコストを下げることになります。 創意工夫して目に見えない原価を下げ、利益を生み出し、次の投資原資を確保することで、未来に続く価値提案が可能になるのです。 結果、お客様から支持され続ける企業となり、社会貢献に寄与できる…という善循環サイクルまで自社を高めていきましょう。 日々改善が当たり前にできる企業文化になれば、誰にも負けない会社のノウハウを持つことになります。 勝ち続ける経営とは、納期・品質・コストを如何に創造するかです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all