ビジネスに生かす禅的な思考を体得する
 禅と経営にブリッジをかけた21世紀の禅

『時間』


『時間』 これからの時代は、時間がお金よりもモノよりも貴重なものになります。 お金に関してはシビアな人が多いですが、時間となると平気で気にしない人が多いです。 サービスで重要なのは、量ではなく、クオリティーでもなく、速さ=スピートです。 返事やお礼は速くなければいけません。 時間帯別マーケット、タイムシェア、タイムコンビニエンスの時代です。 ポイントは、相手の時間をいかに節約するかです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『結果』


『結果』 ビジネスはすべて結果です。 良い結果を出さなければ、いくら頑張ったと言っても意味がありません。 例えば売上が上がらないケースの場合、どうすれば良いかです。 多くの人は売上を上げようと焦るのですが、なかなか結果が出ません。 我々プロは、プロセス=結果ですので、プロセスをいじります。 プロセスを見直し、基本を組み合わせて結果を出します。 売上は新規顧客、リピート顧客、紹介顧客の組み合わせのプロセスの中にあります。 プロセスと結果、結果とプロセスを大事にしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『一如』


『一如』 禅の極意は一体、一如になることです。 一如とは複数の人間が一体となって動くことです。 例えば会社組織の場合も、性別、学歴、年齢、職歴、役割が違う人が、会社のコンセプト、事業目的に沿って全員が一体となって動くことです。 セールスの場合は、商品と一体となって行動することです。 全て、相対ではなく一体になることで、力が発揮できます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『本気』


『本気』 本気になれない営業マンの成績が悪い。 それは、お客様がその営業マンを認めていないからです。 お客様に本気ではないことを見透かされているのです。 営業マンが本気であれば、お客様も真剣に対応してくれます。 「力になってあげよう」と思ってくれます。 つまり、お客様を本気にさせるのは、営業マン自身の本気なのです。 本気は日頃から訓練していないとできません。 小さい仕事でも、小さい頼まれごとでも、馬鹿にしないで本気でやることです。 草履番でも本気ですると、世間は草履番にはしておきません。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『忙しいのは幸せなこと』


『忙しいのは幸せなこと』 「忙しい」と感じることは幸せなことです。 例えば芸人の場合、ヒマな時期が一番苦しい時期です。 実は「忙しい」と文句を言うのはおかしいことです。 もっと時間があったら色々なことが出来るのに、これも言い訳です。 要はあなたの行動力がないのです。 時間は量的には平等であり、質的には不平等です。 あなたよりもっと忙しい人から学びましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『本気が伝われば相手も真剣になる』


『本気が伝われば相手も真剣になる』 人間は一人では生きていけないし、ましてや仕事は一人ではできません。 この当たり前のことをしっかり理解すれば、自己中心的な行動はできなくなります。 少なくとも、組織の一員として仕事をする以上、同僚や取引先の理解と協力を得られることこそ、大切です。 そのためには、本気で仕事に取り組まなければなりません。 汗水流して頑張る人は、見ていても心を打たれます。 本気でやるからこそ、相手の気持ちを動かせるのです。 また他の人が力を貸してくれるのです。 肝心なのは、あなたの真剣さなのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『窮する』


『窮する』 経営指導をしていて感ずることだが、よく「困った」と言うことを耳にします。 「売上が伸びなくて困った」「開発がなかなか進まなくて困った」「部下が育たなくて困った」など、色々と困ったと耳にします。 その度に、何か心に響かないものを感じていました。 それは評論家の解説のように感じました。 困るという字は、「口の中に木が入った」と書きます。 窮するとは「穴の中に自分自身が入って、上から弓矢で狙われている状態」です。 こちらの方が絶体絶命です。 人間は、絶体絶命にならないと本気にならないようです。 「窮すれば変ず。変じて通ずる。」なのでしょうか。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『何故5回』


『何故5回』 営業でも成績の良い人と悪い人がいます。 成績が良い人の場合、何故あの人は成績が良いのかを、5項目書くといいのです。 そうすることで原因・真因が解ります。 成績の悪い人にも何故5回を書き、原因・真因の反対が対策になります。 何故5回の思考方法を身につけると、物事の本質が分かるようになります。 我々の足元に素晴らしいものがあります。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『選ぶのは一つ』


『選ぶのは一つ』 なかなか決断できない人がいます。 レストランに行ってもなかなか注文が決められない。 今の自分の悩みも、意思決定も、レストランの注文も同じです。 決められることは多くの選択肢のなかから一つです。 自分のやりたいことを決めればいいのです。 いいことも、悪いことも、事実を集め、決めるのは一つです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『天の理』


『天の理』 日本人の良さは、人や自然を大事にし、争いや競争を避けてきたところです。 その表れとして茶道や華道を愛し、形の美意識、お心を重んじてきました。 しかし最近は自分だけ、お金だけ、今の快楽だけを追求している人が増えたようです。 21世紀は本物の時代です。 もう一度日本人の優位特性を発揮し、私生活にビジネスに生かしましょう。 それには、天の理に従った生き方をすればよいのです。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示