To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

『お客様の目』


主人公はお客様です。 「チェンジチェアーの原則」 があります。 相手とイスを 変えるということです。 お客さまの立場で 思考し行動することです。 日本一サービスが 良いと言われているホテルでも、 常にお客様の立場になることは 難しいことです。 サービスには限界がありません。 これで良いという 自己満足ではなく、 お客様の視点に立って 「無限の気配り」をしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Simplification"


人生を上手に生きることは 単純化することです。 大自然の法則は 単純なものです。 何か決断に 困ったことがあれば、 できるだけ単純に 考えることです。 例えば営業の形態は 3つしかありません。 1.新規開拓 2.リピート 3.紹介 です。 会社経営、組織、コンセプト、 ドメインも複雑ではいけません。 複雑なことは 行動に結びつきません。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『自分で決めるからうまくいく』


自分で決め、 自分で行動するというのは、 セルフ・マネジメントの 大原則です。 このことが、 ものごとをうまく運ぶ 要点なのです。 指示待ち族ではいけません。 自ら思考する癖をつけましょう。 心理学でも、 "主体的に行動すると、 私たちの信念は ずっと強固なものになる" ということが解っています。 主人公はあなた自身です。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『脱皮』


蛇は脱皮を 繰り返しながら成長します。 脱皮ができなくなれば 死ぬことになります。 企業においても同じです。 自ら脱皮しようという 謙虚さと意欲が必要です。 世の中が大きく変化しています。 企業も変化対応力が必要です。 本物の時代、 モノからコトへの変化の時代、 AIやロボットの台頭… さあ会社を積極的に 変えていきましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『恩返し』


私たちは多くの人から 援助を受けて 今日に至っています。 人間は生まれてから 成人するまで、 成人してからも 多くの人の恩を受けています。 他人からの中傷、 恨みに対しては 私たちは強く反応しますが、 恩に対しては忘れがちです。 中傷、恨みは忘れ、 受けた恩は 忘れないようにしましょう。 個人だけではなく、 受けた恩を世の中にも 恩返ししましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

『おすそ分け』


おすそ分けとは、 頂き物をご近所の人に 分けるという概念です。 もともと販売も初めは おすそ分けの概念から スタートしたものです。 いつの間にか市場が成熟し、 大量生産、大量販売に なってしまいました。 もう一度原点に戻って、 おすそ分けの精神で 販売も思考しては どうでしょうか。 良いものを少量、 心の契約の出来た人に 販売することがスタートです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Attached"


毎日、何回も 「ついている」 「ついている」 と言うことです。 我々の人生は、 心一つの置きどころです。 どう考えるか、 どう思うかで その人の人生が変わります。 例えば、 運の悪くなる言葉、行為 1.脅かす 2.いじめる 3.心配させる 4.差別する 5.責める 6.強制する 7.こだわる 8.自慢する 9.いじめる 10.批判する をしないことです。 人間の心の思い方、 考え方で人生を良くも、 悪くもします。 逆に運の良くなる言葉 1.ついている 2.感謝します 3.出来ます 4.ありがとう 5.許します を多く使うことです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Better."


改善とは、現実の制約の範囲で できることを工夫することです。 改善では、すぐできること、 ”とりあえず”が 重要な発想になります。 効果は小さくても、 ”とりあえず、これならできる” という工夫が大事です。 小さなことでも知恵を出し、 着眼大局で着手小局を 実践することです。 最初からベストの 解決策にとらわれず、 着手可能なべターの 改善を積み重ねていくことです。 また、改善にはお金を かけないことです。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

"Aggressive management"


従来の経営を抜本的に 見直すことは大切なことですが、 大半がこれまで、人員の削減、 営業所の撤廃等、消極的手段を 多く取ってきました。 これだけでは 経営は行き詰まります。 昔から、 撤退するときは敵軍の3倍の 兵力が必要だと言われています。 攻守を考えると、 守る側は攻める側の 3分の1の力しか発揮できません。 逃げる場合は、 攻める側の10分の1の力に なってしまいます。 これからは積極的な 攻めの経営が必要です。 新商品開発、 サービス力強化、 品質強化等、 自社の優位特性を軸にして、 攻めの経営をしましょう。 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all

Planning and time


●計画の立て方 何を為すべきかを 考えるのが戦略的計画 どういう方法でやるかを 考えるのが戦術的計画 如何にうまくやるかを 考えるのが戦闘的計画 ●時間管理法 段取り八分、 準備のための準備を大切にする 何の為に・何を・何時までに、 をまず確かめる 時間で管理せず、 時間を管理する 経営コンサルタント 飯塚保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

View all