To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

"Shine"


『輝く』 あなたは輝いていますか。 多くの人は自分を輝かそうと思っていません。 なんとなく生きている人は輝いてきません。 輝く人は目的に向かって「挑戦し」「前進し」「夢中に」なっている人です。 また輝いている人は、「いま・ここ」を真剣に生きている人です。 私たちの思考は現実化します。 物事を前向きにとらえ、輝く人生にしましょう。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Sense of mission"


『使命感』経営者または企業にとって大切なことは、使命感(ミッション)です。社会、市場が求めるニーズをしっかりと掴み、「我々の事業は何か」「我々の顧客は誰か」を問い続けることで使命感(ミッション)が生まれます。誰にでもその人なりのミッションがあります。早く自分のミッションを明確にしてお役に立つことです。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

"Accept"


『受け入れる』 人生には嘆いてもどうもならないことがあります。 景気の動き、今日の天候、身内の死など色々あります。 そんな時どうしてこんな目に遭うのかと嘆いていてもどうにもなりません。 拒絶するのではなく受け入れることです。 受け入れることによって必ず道が開けます。 逃げてはだめです。 勇気を持って受け入れることで知恵が生まれ、新しい世界が生まれます。 経営コンサルタント 飯塚 保人 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『やさしい言葉』


経営とは、複雑なことを簡単に、簡単なことを深く楽しくすることです。コミュニケーションが上手な人は、わかりやすい言葉を使って話します。やさしく話せる人のほうがレベルは上です。あなたは日頃から、わかりやすい平易な言葉で話すことを心がけていますか。コミュニケーションを円滑に行うために大切なことは、理解できる言葉で話すことです。やさしく話すということは、本当に本質や状況を理解していなければできません。やさしい明確な言葉でなければ行動ができないからです。経営コンサルタント飯塚 保人Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『お役に立つ』  


『お役に立つ』     経営資源には、 ヒト・モノ・カネ・ 時間・情報がありますが、 特にヒトはその筆頭であり、 また企業にとって財産です。   しかし、 一方で人件費は最大の コストとも言われます。   限られた時間の中で、 いかに効率よく成果を上げるか、 いかに会社に役立つか、 お客様に役立つかが ポイントです。 財産である筈のヒトが コストになってしまっては いけません。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『優先順位』


『優先順位』     次々と起こる緊急事態の 処理に追われて 毎日が終わっていないだろうか。   仕事には 緊急課題と重要課題があります。   日々の仕事は 必ず優先順位づけをし、 それを厳守して 取り組んでいかなければ、 つい目先の緊急課題に 追われてしまいます。   重要課題を引き延ばすと、 全てが緊急課題に なってしまいます。   重要なことは、 重要課題を優先させる 勇気と知恵です。      Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『幸せな一生』


『幸せな一生』     幸せな一生を 送るにはどうすれば良いか。   それは足元を きちんとすることです。   唯一総ての人に 平等なのは時間です。   一日、一日の時間を どのように過ごすかが ポイントになります。   働く時間、勉強する時間を 多く取ることです。   毎日を一所懸命に働き、 勉強すれば、 自分の天職に出会います。   自分がこの世に 生まれてきた存在の意義を 自覚することで、 幸せな人生となります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『夢』


『夢』     今日のような 環境変化の激しい時代には、 何を目的に経営して良いのか 不明確になってしまう。   それにはまず、 己の事業への夢・ロマンを、 会社の未来の「あるべき姿」 として明確に、 鮮明にすることです。   会社の創成期は どんな会社も夢があり、 その実現のために 戦っていました。   会社の発展は 社員教育と夢の共有を するかです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『時間で成果』


『時間で成果』     リーダーは、 与えられた時間で成果を あげるプロフェッショナルです。   また、 リーダーとは、 他人の時間を使って 組織の目的を実現する人です。   従って、 部下や協力企業の 時間と貢献を管理でき、 協力をしてもらわなければ なりません。   そのためには、 まず自らの時間の使い方を研究し、 タイム・マネージメントに 強い関心を持ち続けましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all

『Plan Do Seeのサイクルを回す』


『Plan Do Seeのサイクルを回す』     マネジメントの基本は、 Plan (計画)Do (実施) See(統制・調整)です。   経営とは 「あるべき姿・ありたい姿・ あらねばならない姿」を 明確にする。   1)経営方針に基づいて、 2)目標をつくり、 3)業務を割り当て、 4)業務を遂行する ことです。   そして、 これらを具体的な行動に移し、 結果を出すのが 管理者の仕事です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Show all