To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

『悟り』


『悟り』     人には 行動基準と認識基準があります。   悟りとは認識基準と行動基準が 一つになったときです。   息を吐いて自分を 忘れることにより、 物事の本質が感じてきます。   また更に自分を 忘れることにより、 総ての物事、全宇宙、 仏の知恵がバックアップ してくれます。   あなたの全機能が 発揮された状態が 全機現であり、 悟りの状態です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『経験』


『経験』     過去の経験だけに しがみついていたら 21世紀は生き残れない。   未来に対しては、 我々は総て未経験者です。   過去や経験に別れを告げ、 新しい自分自身の確立に 向けて白紙で臨もう。   変われない人は、 白紙の状態になれない人です。   変化できない企業・個人は、 生き延びることは出来ません。   如何に継続して変化するかです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『増益』


『増益』     「利は元にあり」 と言われています。   しかし 一般には「売上げ」が 重視されがちです。   「利益=売上-原価」、 利益をもっと 伸ばそうと考える時 「売上を上げる」ことと 「原価を下げる」ことは 同じウエイトです。   原価には色々な要素が 含まれていますが、 一方で売上を伸ばす努力と、 コストのかからない経営体質を 目指すことが必要です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『現場主義』


『現場主義』     現場に行かない 経営リ-ダーは、 仕事に迫力がありません。   タコ壺の中から 世の中を見ていると、 評論家にはなれても 実務家にはなれません。   知識だけでは何も生まれません。   現場で汗をかくことで ノウハウが生まれるのです。   現場、現実、現品を 常に大切にしましょう。   行動して挑戦することで、 期待にそえる 仕事ができるのです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Energy"


『エネルギー』     エネルギーの高い所に 人とカネとモノが集まります。   大きな仕事ができる 条件の一つは、体力です。   ビジネスも、 気力や体力が 仕事の勝負を決めます。   長期的な大きな仕事に なればなるほど、 気力・体力が重要に なってきます。   気力・体力は、一朝一夕に つくものではありません。 普段からの生活が ベースになっています。 睡眠不足や 飲み過ぎ・食べ過ぎの ないようにしましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『組織運用』


『組織運用』     倒産しかけた会社が、 社長交替で立ち直ることがある。   では 社長の能力とは どのような能力かというと、 その人がトップに 就任することによって、 組織全員が奮い立ち、 目的に対して 組織員のエネルギーを 集中指向させる能力です。   政治も教育も経営も リーダー次第です。   また、 組織運用のポイントは 明確な目標と統率・統御です。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『決意』


『決意』     「どんな悪条件のもとでも、 自分たちは売るんだ」 という決意が大切です。   そんなリーダーの意思が 社員たちの心に 強い決意を抱かせます。   人間は出来ると思うと 出来る論拠を見出すものです。   厳しい状況であっても、 最後まであきらめないことが、 成果に繋がります。   まず 「売るんだ・出来るのだ」と 決意することが始まりです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Decides to quit'


『やめることを決める』     何をやろうかではなく、 何をやめるかを 決めることが重要です。   常に自分の 「あるべき姿」を イメージすると、 自分のために本当に 必要なものが見えてきます。   無駄なことをやめることで、 本来自分がやらなければ いけないことが見えてきます。   「一方を証する時は、 一方は暗し」です。   何かをやめることで 習慣が変わります。   習慣は第二の天性です。   常に仕事を見直し、 新しい成功する習慣を 身に付けましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

'Customer service'


『お客様サービス』     社員同士がお互いに 手伝い協力している会社は、 お客様サービスもよい会社です。   社内の思いやりが お客様の満足を呼び 「サービスの差別化が生まれる」 会社です。   現代は 「商品を売るのではなく、 サービスを売る」時代です。   それだけサービスは、 お客様の支持を得るための 重要な要素です。   常にサムシングを 大切にしましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Schedule"


『スケジュール』     始めにスケジュールありき。   これが伸びる人の 仕事への態度です。   普通仕事というものは、 常に複数の課題が 同時に進行しています。     Aという仕事は 明日までにここまでやり、     Bという仕事は 1週間後に完成しており、     Cという仕事は 来月中に企画ができて いなければならない、     という具合です。     1.始めに仕事全体の イメージをする(I)     2.計画を立てる(P)     3.行動する(D)     4.チェックする(C)     です。     なるべく具体化することです。   時間が流れているのではなく、 あなたの命が流れているのです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示