To learn the Zen thinking business opportunity
Zen and Zen on bridge management in 21st century

'3 S (organizing, tidying and cleaning),


『3S(整理・整頓・清掃)』     オフィスを見れば、 その会社の経営状態がわかる。   活気に満ちあふれていても、 どこか雑然とした オフィスでは情報が混乱し、 時間の無駄も多い。    一日15分モノを探すのに 時間を取られたとすると、 年間一人16万円程度の ロスです。   スピードが 要求されていますが、 モノの整理が できていない会社は、 時間の整理もできていません。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Goal setting"


『目標設定』     ボーリングをする場合、 ピンに向かって ボールを投げます。   仕事の場合も同様で、 目標設定が大切です。   目標は、明確化・ 細分化・統合化が 原則になります。   1年、半期、四半期、 1ヶ月の10の目標を 明確にします。   これがテンピンになり、 最初のアプローチになります。   毎日自分の目標を 一分間見ることから 実践しましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Kee Gage'


『キーゲージ』      飛行機を安全に 目的地まで飛ばすために、 機長が見るゲージと 副操縦士がみる ゲージがあります。   売上高、粗利益、 経費、利益は当然ですが、 それ以外にもキーゲージを 持ちましょう。   私の場合も幾つかの キーゲージを持っています。   例えば書店で、 本の平積みのスペースで 時代のトレンドを感じます。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Management"


『マネージメント』     マネージメントを 補完するのはシステムです。   特別なシステムがなくても 3~5億円の 売上は対応できます。   また店舗数も 3~5店舗までは、 従来型で対応できます。   しかし それ以上の規模になりますと、 経費アップのわりに 売上げが伸びないという壁、 または 「在庫のあり方」等も 抜本的に変えなければ ならなくなります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Examining the temporary


『仮設を検証する』     常に自分で考え、 「あるべき姿」を 明確にすることです。   今はインターネットで 簡単に情報が 手に入る時代です。   そこで得られる情報は、 あくまでも 道路標識程度のものです。   「あるべき姿」の イメージを明確にして、 初めて情報が 生かされるのです。   「あるべき姿」がなく 情報を得ると、 ただのニュースであり、 インフォメーション にすぎません。    何事にも仮設を 立てる訓練をしましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Company formation"


『問題形成型企業』  当社は問題がありませんとよく聞く。 それは目標が低いからである。 自らバーを上げることで、総てが問題になります。 これからは、指示待ち族では居場所がなくなる。 現状に甘えることなく、また問題解決だけにエネルギーを使うのではなく、自ら問題形成をし、それに挑戦する企業風土を創りましょう。 経営とは革新の連続です。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

'Takotsubo culture'


『たこつぼ文化』     自社の商品に毎日接し、 それに関する業界用語を 使っていると、 それが当たり前のように 思えてくるものです。   自分がわかることは 他の人もわかるはずと考える。   業界用語だけを使っていると、 思考も業界だけの 発想になってしまいます。   もう一度、 普段使っている言葉の 視点・観点・測点を変えて 再定義する必要があります。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

"Not an excuse"


『言い訳を言わない』     人間は、 自己主張と自己弁護を すぐしてしまいます。   他人と比べるのではなく、 己に厳しくすることです。   伸びない人というのは、 出来ない理由を言います。   仕事が忙しくて… 付き合いも大事だし…   これからは 言い訳を一切言わず、 出来るところから 実践しましょう。   己に甘く、 周囲に流される生き方から、 主体性を持ち、 自分が主人公になる 人生にしましょう。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『いま何をするか』


『いま何をするか』     夏の暑い日に老僧が キノコ干しに汗を流していた。     「貴方がやらなくても若い者に任せたらどうですか」   と道元が問うと、     老僧は   「他人にやらせては自分の修行にならない」   と答えた。   「なにもこんな暑い時分にしなくても」   と言うと   「今やらずして、どうして適当な時が得られようか」   と切り返された。   いま・ここがポイントです。       Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示

『常にスケジュールを意識しているか』


『常にスケジュールを意識しているか』  はじめに戦略構築し、次はスケジュールありきです。 まず行動計画を決めると、思考計画が決まり、次に準備計画にが決まります。 これが伸びる人の仕事の仕方です。 優先順位は重要度と緊急度で決まります。 つまり、スケジュールを意識することは、仕事の優先順位を意識して明確にすることで、すべてのムダがはぶかれます。   Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

全て表示